コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュウイチ(十一) ジュウイチHorsfield’s hawk cuckoo

世界大百科事典 第2版の解説

ジュウイチ【ジュウイチ(十一) Horsfield’s hawk cuckoo】

ホトトギス目ホトトギス科の鳥(イラスト)。全長32cm。体上面は黒灰色,のどと後(こうけい)は白く,胸から下が赤褐色で,尾に3~4条の横縞がある。後頸の白帯はよく目だつ。腹に黒い横縞がないことから,ほかのホトトギス類と容易に区別できる。アジア東部の温帯から熱帯地方にかけて分布し,北方のものは冬季フィリピンやマレー半島などに渡る。日本には夏鳥として5月中旬ころに渡来し,九州以北のおもに山地の落葉広葉樹林針広混交林で繁殖する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジュウイチ(十一)の言及

【コルリ】より

…さえずりも採食も低木の茂る地表付近で行うことが多いので,姿を見ることはあまりない。ホトトギス類のジュウイチによく托卵(たくらん)される。【樋口 広芳】。…

※「ジュウイチ(十一)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android