コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルリビタキ Tarsiger cyanurus; red-flanked bluetail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルリビタキ
Tarsiger cyanurus; red-flanked bluetail

スズメ目ヒタキ科。全長 13~14cm。雄は頭上,背,尾,雨覆瑠璃色,喉は白色,胸から腹は淡黄褐色,脇は赤褐色で,眼上から嘴基部にかけて白色の淡い眉斑がある。雌は腰と尾は瑠璃色で,頭,背,雨覆は灰褐色フィンランドからユーラシア大陸の中部,東アジア北部,千島列島サハリン島,日本にかけての広い地域のほか,中国南部の中央とアフガニスタンなどに繁殖分布し,北方で繁殖するものは温帯域に渡って越冬する。日本では,北海道平地から亜高山帯本州四国地方の亜高山帯の針葉樹林で繁殖し,その時期には美しい鳴き声でさえずる(→さえずり)。冬季は本州以南の低地や平地の林にごく普通に見られ,人をあまり恐れない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ルリビタキ

ヒタキ科の鳥。翼長8cm。雄は上面が青色で下面は白っぽい。脇はだいだい色。雌は上面がオリーブ褐色で尾は青い。ユーラシア東部の亜寒帯で繁殖し,冬季は東南アジアなどに渡る。
→関連項目ヒタキ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルリビタキ
るりびたき / 瑠璃鶲
Siberian bluechat
[学]Tarsiger cyanurus

鳥綱スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科の鳥。全長約14センチメートル。雄は上面が青く、胸は白色、腹は淡褐色。雌の上面は灰褐色。雌雄ともにわきはオレンジ色である。ヒマラヤ山脈とウラル山脈以東の亜寒帯に分布し、日本では、本州と四国の亜高山、北海道の低地から高山で繁殖する。4~8月の繁殖期には暗い針葉樹林内に生息するが、冬は平地や低山の林縁にいることが多い。斜面のくぼみや低い茂みの中に皿形の巣をつくり、5~6個の卵を産んで、雌のみが抱卵する。地上または地表近くで昆虫など小動物をおもに食べ、繁殖期にはつがいの、越冬期には単独の縄張り(テリトリー)を構える。[竹下信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルリビタキの関連キーワード早池峰国定公園日本アルプスジュウイチ高山動物鶲・火焼高山鳥瑠璃鶲瑠璃鳥漂鳥十一

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルリビタキの関連情報