コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオルリ Cyanoptila cyanomelana; blue-and-white flycatcher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオルリ
Cyanoptila cyanomelana; blue-and-white flycatcher

スズメ目ヒタキ科。全長 16~17cm。は頭上,背,,尾が美しいるり色。顔,喉,胸は黒く,腹は白い。雌は背面が暗緑褐色で,腹面は淡い黄褐色。ヒタキ類に独特の,枝から飛び出しておもに飛んでいる虫をとる採食方法を見せ,そのために適した平たく幅の広いをもつ。中国北東部からアムール川流域,朝鮮半島,日本などに繁殖分布し,タイワン(台湾)フィリピンベトナムスマトラ島ボルネオ島などに渡って越冬する。日本に渡来した雄は渓流沿いの広葉樹林にすみ,高木の頂から美しいさえずりを谷間に響かせる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オオルリ

ヒタキ科の鳥。翼長9.5cm。雄は背面が青,ほおと下面は黒く,腹面は白。雌は背と頸(くび)が褐色。アジア東部で繁殖。日本には夏鳥として全国に渡来し,冬は東南アジアへ移る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オオルリ【blue‐and‐white flycatcher】

スズメ目ヒタキ科の鳥(イラスト)。全長約17cm,雄は体の上面がるり色で,胸と脇は黒く,腹は白い。頭頂部の光沢ある明るいるり色がとくに美しい。雌は全体に褐色でじみ。アジア東部の亜寒帯から温帯域で繁殖し,日本では北海道から九州までの各地で繁殖する。秋・冬季には東南アジア方面に渡って越冬する。渓流沿いのよく茂った森林にすみ,樹上から空中へと飛び立って飛翔(ひしよう)中の昆虫をとらえて食べる。雄はこずえにとまってよくさえずる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオルリ
おおるり / 大瑠璃
blue-and-white flycatcher
[学]Cyanoptila cyanomelana

鳥綱スズメ目ヒタキ科ヒタキ亜科の鳥。ロシア連邦のアムール地域およびウスリー地方、中国東北部、朝鮮半島、日本で繁殖し、インドシナから大スンダ列島に渡り越冬する。全長約16センチメートル。雌雄異色。雄は上面が濃いコバルト色で金属光沢があり、のどから胸にかけては黒く、腹は白い。雌は上面がオリーブ褐色で、下面は淡い黄褐色。日本では、九州より北の山地の渓流沿いにすみ、岩壁のすきまに巣をつくって、4~5個の卵を産む。ヒタキ類の典型的な昆虫のとり方をし、いくつかの決まった止まり場にいて、近くのカやゾウムシなどの小甲虫をみつけると、そこから飛び立って空中でつかまえ、止まり場に帰るという方法をとる。雄は渓谷の高木のこずえで美しい声でさえずり、縄張りを守る。美しい姿と声を楽しむために、かつては盛んに飼われ、ウグイス、コマドリとともに日本の三名鳥とされた。ルリと略称されることもある。[竹下信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オオルリの関連キーワードオーストラリア蝶保護区城ヶ森鉾尖県立自然公園アイヌキンオサムシ青条大瑠璃金花虫オニルリソウ栃木県の要覧サルハムシ栃木[県]ジュウイチおとり猟オサムシ鶲・火焼比叡山栃木県渡り鳥大瑠璃コルリ瑠璃鳥駒鳥県鳥

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オオルリの関連情報