コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッコウ カッコウ Cuculus canorus; common cuckoo

2件 の用語解説(カッコウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッコウ
カッコウ
Cuculus canorus; common cuckoo

カッコウ目カッコウ科。全長 35cm。頭部と体の上面は灰青色で,胸と腹は白く暗灰色の横縞がある。尾羽は黒灰色で,白い横縞が入り,先端も白い。雌には赤褐色型もある。自分で巣をつくらず,モズオオヨシキリノビタキホオジロオナガなどの巣に卵を産み,それらの鳥の親鳥に抱卵,育雛を任せる托卵習性がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カッコウ
かっこう / 郭公
cuckoo
[学]Cuculus canorus

鳥綱ホトトギス目ホトトギス科の鳥。閑古鳥(かんこどり)ともいう。全長約35センチメートル、体上面と胸は灰色、腹は白地に黒い横縞(よこじま)。尾は長くて、翼も細長い。飛んだときの格好は、タカ類に似ている。カッコウという名は、そのように聞こえる鳴き声に由来している。アジア、ヨーロッパ、アフリカに広く分布し、日本でも北海道から九州までの各地で繁殖する。冬季は、南方の温暖な地方に渡って越冬する。日本で鳴き声が聞かれるのは5月中旬から7月中旬ごろにかけてである。この時期に、同じ類のホトトギスやツツドリと同様、自分では巣をつくらずに、ほかの種の鳥の巣に自分の卵を産み込む。カッコウがおもに托卵(たくらん)するのは、ヨシキリ類、モズ類、ホオジロ類、セキレイ類である。雌はそれぞれ一定の範囲の地域にすみつき、それらの鳥の繁殖状況をみて回る。そして、それら「仮親」が産卵を始めると、卵を一つ抜き取り、自分の卵を一つ産み付ける。卵は仮親のものと色や模様がよく似ていることが多いが、大きさはやや大きい。雛(ひな)は、仮親のよりも1~3日早く孵化(ふか)する。孵化後しばらくすると、まだ孵化していない仮親の卵を背中に一つずつのせて、巣の外にほうり出してしまう。こうして巣内を独占し、その後の仮親の世話を自分だけのものにしてしまう。巣立つころには、雛は仮親の何倍も大きくなり、盛んに食物をねだる。毛虫を好んで食べる。巣立ち後も1か月以上にもわたって仮親の世話を受ける。頭上によく目だつ白斑(はくはん)が1、2個あるのが、雛の特徴である。[樋口広芳]

民俗

カッコウの鳴き声は春を告げるものとされた。古代ギリシアでは、カッコウが鳴くと畑を耕し始め、ドイツやイギリスでも初鳴きを喜びをもって迎えた。中国でも農耕の始めとし、日本では豆播(ま)き鳥とよんで、声を聞くと豆を播くという所が多い。またカッコウが早くくれば豊年、遅ければ凶年という伝えもある。古代ギリシアの「カッコウ変じてタカとなる」という俗信は、カッコウの渡来と入れ替わりにタカが北へ渡るために生まれたらしい。日本には、カッコウの托卵(たくらん)性を説明する昔話もあり、カッコウはお姫様で育児ができないので、乳母(うば)のモズに子供を育ててもらうなどという。カッコウの名の由来譚(たん)には、母の背中を掻(か)くことを断った子が、母の死後、鳥になって「掻こう」といって鳴くという話もある。
 シベリアの諸民族には、カッコウと死者を結び付けた伝承がある。カッコウを尊んで、射ったり殺したりしないというモンゴル系のブリヤート人には、カッコウが死んだ英雄を蘇生(そせい)させるという伝説があり、カッコウがいなくなる8月から翌春までの間は、死者を火葬にしないという。またマリ(チェレミス)人には、墓の上に木製のカッコウを置く習俗があった。[小島瓔

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カッコウの関連キーワード各校かっこ郭公かっこ好いかっこ悪い背格好不格好べっかっこう歌うよカッコウかっこう

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カッコウの関連情報