コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルリ コルリ Luscinia cyane; Siberian blue robin

4件 の用語解説(コルリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルリ
コルリ
Luscinia cyane; Siberian blue robin

スズメ目ヒタキ科。全長 14cm。雄は頭部から背,,尾は美しい瑠璃色,眼先と側頸部は黒色,胸から腹は白色。雌は頭,背,翼,尾は暗褐色,胸から腹は白色。ユーラシア大陸東部のアルタイ山地からアムール地方にかけての地域,朝鮮半島サハリン島,日本などで繁殖し,中国南東部,インドシナ半島フィリピンスマトラ島ボルネオ島などで越冬する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コルリ

ヒタキ科の鳥。翼長7.5cm。雄は背面暗青色,腹面は白い。雌はオリーブ色アジア東部に分布。日本ではおもに本州中部以北の山地の林で繁殖し,冬は華南,インドシナ半島等に渡る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コルリ【Siberian blue robin】

スズメ目ヒタキ科の鳥(イラスト)。全長約14cm,いわゆる小型ツグミ類で,雄は名前のとおり体上面がるり色で,下面は純白。雌はのどから胸腹部は白っぽく,体の上面は淡褐色のじみな羽色をしている。アジアの北東部で繁殖し,秋・冬季には中国南部や東南アジアに渡る。日本では北海道と本州で繁殖する。標高1500m以下の森林に生息し,とくに低木層がよく茂っている林を好む。雄はチッチッチッチュルチュルチュルという声でさえずりテリトリーを宣言するとともに,そこにつがいの相手になる雌をひきつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルリ
こるり / 小瑠璃
Siberian blue robin
[学]Erithacus cyane

鳥綱スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科の鳥。鉱物の瑠璃(ラピスラズリ)を連想させる青色の小形の鳥なのでこの名がある。同じ科であるがヒタキ亜科に属するオオルリとは、やや縁が遠い。また、単にルリというと、姿と声の美しさから飼い鳥として賞用されたオオルリをさす。コルリエニセイ川より東のシベリア南部、中国東北部、樺太(からふと)(サハリン)、日本で繁殖し、中国南部、インドシナ半島からボルネオ島に渡り、越冬する。日本では九州から北海道までの、よく茂った落葉広葉樹林にすむ。南千島ではミズバショウの生えるヤナギなどの河畔林で繁殖する。巣は地上の物陰につくり、3~5個の卵を産む。ホトトギス科のジュウイチに托卵(たくらん)されることがある。地上を跳ね歩きながら、昆虫をとる。全長約14センチメートル。雄は上面が暗青色で下面は白い。雌は上面がオリーブ褐色。さえずりはコマドリによく似ているが、チッチッチッとしだいに速く大きくなる前奏がかならず入る。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルリの関連キーワードキクイタダキ紅雀ジョウビタキ(常鶲)シロハラ(白腹)センニュウ(仙入)ノビタキ(野鶲)ヒタキ(鶲)ムギマキ(麦蒔)モズヒタキ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コルリの関連情報