コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュウイチ Hierococcyx hyperythrus; rufous hawk-cuckoo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュウイチ
Hierococcyx hyperythrus; rufous hawk-cuckoo

カッコウ目カッコウ科。慈悲心鳥(じひしんちょう)ともいう。かつて 4亜種に分けられていたが,それぞれ独立した種として分類され,本種はキタジュウイチと呼ばれることもある。全長 32cm。上面はほぼ一様に青灰色で,普通後頸に白い帯模様がある。尾は灰褐色で,5本の黒色横帯があり,先端が赤褐色。下面は腮(さい。あご)が淡黒色,喉が白色,胸から腹は淡赤褐色であるが,下方にいくほど淡色となる。アジア東部に分布し,北方のものは南へ渡って越冬する。日本には夏鳥(→渡り鳥)として 5月上旬に渡来し,山地の森林で繁殖するが,その数はカッコウホトトギスほど多くない。雄は高い声で「じゅういち,じゅういち」と鳴く。オオルリコルリルリビタキなどに托卵する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ジュウイチ

ジヒシンチョウ(慈悲心鳥)とも。ホトトギス科の鳥。翼長20cm。上面暗灰褐色で後頸に白紋がある。アジア東部,南部に分布。日本には夏鳥として渡来し,北海道,本州中部以北,四国で繁殖し,冬は南方へ渡る。
→関連項目コルリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュウイチ
じゅういち / 十一
Horsfield's hawk cuckoo
[学]Cuculus fugax

鳥綱ホトトギス目ホトトギス科の鳥。全長約32センチメートル、体上面は黒灰色、下面は淡赤褐色をしている。アジア東部の温帯域から熱帯域に分布しており、日本には夏鳥として北海道から九州までの各地に渡来し繁殖する。本州では標高1000メートル前後の山地森林に多く、明るい所にはあまり出てこない。毛虫などをとって食べる。鳴き声は「ジュウイチー、ジュウイチー」と聞こえ、名はこの声に由来している。また、慈悲心鳥(じひしんちょう)の名もあるが、これも鳴き声を「ジヒシン」と聞きなしたことに由来する。カッコウやホトトギスと同様、自分では巣をつくって繁殖せず、ほかの種の鳥に托卵(たくらん)する。托卵するおもな相手はコルリ、オオルリ、ルリビタキなどで、コルリと同じ青い卵を産む。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジュウイチの関連キーワードジヒシンチョウ日影 丈吉コマドリ鎌滝えり

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジュウイチの関連情報