コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュネーブ海軍軍縮会議 ジュネーブかいぐんぐんしゅくかいぎ Geneva Naval Disarmament Conference

2件 の用語解説(ジュネーブ海軍軍縮会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュネーブ海軍軍縮会議
ジュネーブかいぐんぐんしゅくかいぎ
Geneva Naval Disarmament Conference

1927年6~8月ジュネーブ開かれたイギリス,アメリカ,日本3国の補助艦艇制限に関する会議。この会議でアメリカは,ワシントン海軍軍備制限条約の「英5,米5,日3」の比率を巡洋艦,駆逐艦,潜水艦にも適用することを提案した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュネーブ海軍軍縮会議
じゅねーぶかいぐんぐんしゅくかいぎ

1927年ジュネーブで開かれた、アメリカ、イギリス、日本3か国の海軍軍備制限会議。アメリカ大統領クーリッジは、同年2月、先のワシントン海軍軍縮会議(1921)が合意に失敗した補助艦の制限について、五大国会議を呼びかけた。フランスは、国際連盟主催の軍縮会議準備委員会の作業が進行中であること、またフランスの主張である総トン数制限方式(総トン数の限界内で艦種構成の自由を認める方式)にアメリカが反対していることなどを理由に参加を拒否、イタリアもこれに同調した。その結果、アメリカ、イギリス、日本3か国の会議が同年6月から開催された。アメリカが、ワシントン海軍軍備制限条約の比率(アメリカ5、イギリス5、日本3)を、各種補助艦にも適用する艦種別総トン数主義の立場をとったのに対し、イギリスは、補助艦を大型、小型に分け、大型巡洋艦にのみ「ワシントン比率」を適用する艦種艦級別トン数主義の立場をとって対立した。日本は、巡洋艦、駆逐艦で対米7割、潜水艦でそれ以上の比率を要求した。もっとも重要な問題点は、海外植民地・海外基地をもつイギリスが多数の小型巡洋艦の保有を有利としたのに対し、大西洋・太平洋の両洋に面し、海外基地も制限されていたアメリカが行動半径の大きい大型巡洋艦の保有を有利としていたことであった。日本は調停に努めたが、アメリカ、イギリスの巡洋艦をめぐる対立は解けず、同年8月4日、会議は散会した。[前田 寿・納家政嗣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジュネーブ海軍軍縮会議の関連キーワードジュネーブ学派ジュネーブ協定ジュネーブ条約ジュネーブ大学ジュネーブ会議ジュネーブ四条約ジュネーブマラソンジュネーブ[湖]《ジュネーブ聖書》ジュネーブ命名法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジュネーブ海軍軍縮会議の関連情報