コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュネーブ海軍軍縮会議 ジュネーブかいぐんぐんしゅくかいぎGeneva Naval Disarmament Conference

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュネーブ海軍軍縮会議
ジュネーブかいぐんぐんしゅくかいぎ
Geneva Naval Disarmament Conference

1927年6~8月ジュネーブで開かれたイギリスアメリカ,日本3国の補助艦艇制限に関する会議。この会議でアメリカは,ワシントン海軍軍備制限条約の「英5,米5,日3」の比率を巡洋艦駆逐艦,潜水艦にも適用することを提案した。それに対し,イギリスは特に巡洋艦を重視し,大型巡洋艦にはワシントン比率を適用してよいが,小型巡洋艦には制限を加えないことを主張した。日本はその間に立って調停したが,英米の対立が解けず,会議は失敗に終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュネーブ海軍軍縮会議
じゅねーぶかいぐんぐんしゅくかいぎ

1927年ジュネーブで開かれた、アメリカ、イギリス、日本3か国の海軍軍備制限会議。アメリカ大統領クーリッジは、同年2月、先のワシントン海軍軍縮会議(1921)が合意に失敗した補助艦の制限について、五大国会議を呼びかけた。フランスは、国際連盟主催の軍縮会議準備委員会の作業が進行中であること、またフランスの主張である総トン数制限方式(総トン数の限界内で艦種構成の自由を認める方式)にアメリカが反対していることなどを理由に参加を拒否、イタリアもこれに同調した。その結果、アメリカ、イギリス、日本3か国の会議が同年6月から開催された。アメリカが、ワシントン海軍軍備制限条約の比率(アメリカ5、イギリス5、日本3)を、各種補助艦にも適用する艦種別総トン数主義の立場をとったのに対し、イギリスは、補助艦を大型、小型に分け、大型巡洋艦にのみ「ワシントン比率」を適用する艦種艦級別トン数主義の立場をとって対立した。日本は、巡洋艦、駆逐艦で対米7割、潜水艦でそれ以上の比率を要求した。もっとも重要な問題点は、海外植民地・海外基地をもつイギリスが多数の小型巡洋艦の保有を有利としたのに対し、大西洋・太平洋の両洋に面し、海外基地も制限されていたアメリカが行動半径の大きい大型巡洋艦の保有を有利としていたことであった。日本は調停に努めたが、アメリカ、イギリスの巡洋艦をめぐる対立は解けず、同年8月4日、会議は散会した。[前田 寿・納家政嗣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジュネーブ海軍軍縮会議の関連キーワードロンドン海軍軍縮会議ヘンダーソン海軍軍縮問題佐分利 貞男リトビノフ遠藤 三郎ジョーンズ小林躋造ベイティ斎藤 実斎藤実

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android