コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュール熱 ジュールネツ

6件 の用語解説(ジュール熱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ジュール‐ねつ【ジュール熱】

導体内を電流が流れるとき、電気抵抗によってその導体内に発生する熱。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジュール熱【ジュールねつ】

導体内を流れる電流により発生する熱。熱量に関してジュールの法則が成り立つ。
→関連項目渦電流減衰振動実効値絶縁破壊電気炉電熱電熱線熱の仕事当量

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

法則の辞典の解説

ジュール熱【Joule's heat】

ジュールの法則」のページをご覧ください。

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ジュールねつ【ジュール熱】

電流が流れることによって導体内に発生する熱。導体の電気抵抗による。電熱器などはこれを利用したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュール熱
ジュールねつ
Joule's heat

電流によって導体内に発生する熱。導体に与えられた電気エネルギーが熱に変る。発生熱量に関してはジュールの法則がある。ジュール熱は,電灯,電熱器,ヒューズ電気溶接,電気炉,熱線電流計などに応用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュール熱
じゅーるねつ

電気回路において、電気抵抗Rの抵抗体に電流Iが流れると、この抵抗体に単位時間にRI2の熱量が発生する。この事実は、ジュールによって実験的に初めてみいだされた(1840)ので、ジュールの法則とよばれることもある。また、このRI2という熱量のことをジュール熱という。Rの両端の電圧をVとすると、ジュール熱はRI2VIV2/Rとも書ける。Vをボルトで、Iをアンペアで表すと、毎秒当りのジュール熱は
  VIボルト・アンペア/秒=VIワット
である。
 ジュールは、この事実をみいだしたのち、仕事Wと熱量Qとの間の比例定数である熱の仕事当量JW/Qの値を、いわゆる羽根車の実験で初めて決定した(1843)。この実験は、水槽の中に羽根車を置き、おもりの落下により羽根車を回転させる際の、水の温度の上昇量を測定するものである。彼がそのとき得た値は
  J=4.19ジュール/カロリー
であった。今日においてはむしろジュール熱の測定によってJの値が精度よく決められており、
  J=4.18605ジュール/カロリー
である。現在、家庭の電熱器から生産工場の大型の電気炉に至るまで、電力が熱として使われることが非常に多いが、すべてこれはジュール熱である。[沢田正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のジュール熱の言及

【ジュールの法則】より

…導線に電流が流れると熱が発生する。これをジュール熱Joule’s heatといい,単位時間当りの発熱量は,電流の2乗と導線の電気抵抗の積に等しい。これがジュールの法則で,1840年にJ.ジュールが確立した。…

【電気抵抗】より

…両端の電位差がVの抵抗の中を電流Iが流れるとき,単位時間当りに失われる電気的エネルギーはWVIに等しい。この電気的エネルギーは抵抗中の熱エネルギーに変化し,これをジュール熱という。ジュール熱が発生する機構は,導体の中を電場で加速されることによって得られた担体のエネルギーが,格子振動などとの衝突によって熱エネルギーへ転化することによる。…

【電気伝導】より

…物質を流れる電流密度がiのとき,単位体積,単位時間当りの発熱量はwi2/σに等しい。この熱をジュール熱といい,その発生は,電気的エネルギーが最終的には結晶格子の熱振動のエネルギーへ変化することによる。室温での電気伝導度の大きさは,銅やアルミニウムなどの金属では105~106Ω-1・cm-1にも達するのに,ガラス,岩塩などでは10-15~10-17Ω-1・cm-1程度できわめて小さい。…

【電流】より

…化学作用としては,電解質の中を電流が流れると,電極にイオンが到着して放電し,気体を発生したり,金属が析出したりする電気分解,またそれと反対に,電極から物質がイオンとして電離することにより,起電力を生ずる現象が代表的なものである。電流の熱作用は電流が電気抵抗のある場所を流れると熱(ジュール熱)を発生する作用で,1秒間当りの発熱量は電気抵抗と電流の2乗との積に比例する。ジュール熱は電熱器や電球などに利用されている。…

※「ジュール熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジュール熱の関連キーワード電機子電気メス電熱トムソン効果熱電効果熱電流不純物半導体伝導電流誘導体化横磁気抵抗効果

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジュール熱の関連情報