コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョーゼット ジョーゼットgeorgette

翻訳|georgette

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョーゼット
georgette

ジョーゼット・クレープともいう。経・緯糸強撚糸を2本ずつ交互に使用した比較的密度の粗い平織,またはこれに類以した縮緬 (ちりめん) 効果を応用した織物。繊維は絹のほか,綿,羊毛,人造繊維を用いる。柄は無地,縦縞,格子,プリント模様。クレープ状の伸縮性しぼによる独特の材質感をもつ。用途は婦人服,ベール,ショール地。名称は,フランスの婦人服商ジョーゼット夫人の名に由来する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ジョーゼット(Georgette)

縦糸・横糸とも強糸(きょうねんし)を用いた、薄手でみのある絹布ウール化繊のものもあり、夏の婦人服などに用いる。フランスの服地商ジョーゼット夫人にちなむ名。もと商標名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ジョーゼット

ジョーゼット・クレープの略。経緯(たてよこ)とも細い強撚(きょうねん)糸を用いた縮(ちぢみ)織の一種。本来は絹であるが近年は化繊,合繊も多い。普通は平織で無地染,プリント染にする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジョーゼット【georgette】

絹織物の一種。経緯(たてよこ)糸ともに細い強撚糸を使った薄地の経緯ちりめんでクレープ・ジョーゼット,ジョーゼット・クレープともいう。名称はフランスの婦人服商Georgette de La Plante夫人の名前で登録されたことに由来する。平織,梨地が主で二重織もある。生(き)織物なので,織り上げたのち精練を行い,布面に〈しぼ〉を生じさせる。近年は綿,毛,レーヨン,ポリエステルのものや格子入ジョーゼット等多種に及ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ジョーゼット【georgette】

経緯たてよこともに撚りの強い糸を用いて平織りにした、細かい皺しぼのある織物。婦人服などに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョーゼット
じょーぜっと

ジョルジェット・クレープgeorgette crpe(フランス語)の俗称。経緯(たてよこ)とも強撚糸(きょうねんし)を使った薄地の縮緬(ちりめん)で、経緯縮緬ともいい、絹織物として生まれたが、現在では化合繊のものが多く市場に出回っている。経緯ともに1メートル間2500~3000回ぐらいの強撚糸を用い、経緯とも右撚(よ)りと左撚りのものを、2本ずつ交互に配列して平織に織り、織り上げたのち精練して、しぼを出した織物である。1913年、フランスで創始され、日本では桐生(きりゅう)と福井で織り出された。漂白したもののほか、無地染め、捺染(なっせん)などの加工を施し、ベール、肩掛け、ドレス、ランプシェード、カーテンなどに用いられている。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジョーゼットの関連キーワードジョーゼット・クレープシャーリング(手芸)ダブルジョーゼットサリー(民族衣装)ニューレイヤードソフトスレンダースモッキング経緯縮緬ジャボ絹織物縦糸襟巻高砂

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジョーゼットの関連情報