コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジリス(地栗鼠) ジリス ground squirrel

翻訳|ground squirrel

1件 の用語解説(ジリス(地栗鼠)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジリス【ジリス(地栗鼠) ground squirrel】

ユーラシアと北アメリカの草原,岩地,砂漠に,穴を掘ってすむ地上生のリス類。齧歯(げつし)目リス科ジリスCitellus(=Spermophilus)に属する哺乳類の総称。姿はシマリスに似るが,体が大きく,手足と尾が短く,手足のつめは強大でより穴を掘るのに適した体をしている。耳はふつう小さく,ほとんど頭の毛に隠れる。体色は黄色ないし白色の腹面を除き,灰褐色あるいは砂色で,シマリスに似た縞模様あるいは白斑がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のジリス(地栗鼠)の言及

【嬰児殺し】より

…この報告はしばらくの間特殊環境における異常行動の例として軽視されてきたが,70年代に入って他地域のハヌマンラングールでも追認され,さらに東アフリカのライオンでも確認されるに及んで,生物進化における意義も問われるようになった。今日では上記のほかに,ハヌマンラングールに近縁のセイロン島生息のカオムラサキラングール,東アフリカのチンパンジー,マウンテンゴリラ,アカオザル,ベネズエラのアカホエザル,カリフォルニアのジリスの1種Spermophilus beldingiなどで大量の種内子殺しが確認されている。大部分の例ではよそ者の雄が定住雄を追い出して群れを奪取したり,順位を逆転させて優位雄を追い払った後に,新しい優位雄によって子殺しが行われ,子を失った雌の発情,殺した雄との交尾,出産が続く。…

※「ジリス(地栗鼠)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジリス(地栗鼠)の関連キーワード北アメリカチョウザメユーラシアアメリカ杉虎斑木菟ローラシア大陸アメラシアン亜米利加交喙ユーラシアン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone