コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレーリードッグ Cynomys ludovicianus; prairie dog

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プレーリードッグ
Cynomys ludovicianus; prairie dog

齧歯目リス科。体長 25~40cm,尾長7~11cm。体がずんぐりした四肢の短い動物で,鳴き声が犬のそれに似るのでその名がある。地下にトンネルを掘ってすみ,多いときは数千頭が集って地下街を形成するので有名。トンネルは直径 15cmぐらいで,入口からほぼ垂直に3~5m掘られ,それからさらにいくつかの横穴がつくられる。昼間活動し,穴から出て植物質を食べる。ときどき後肢で立って伸び上がり見張りをする。北アメリカ中部に分布し,短い草が生える低地草原高地の草原にもすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

プレーリー‐ドッグ(prairie dog)

リス科の哺乳類。体長約30センチ、尾長約10センチ。全体に褐色。北アメリカのプレーリーに分布し、地下にトンネルを掘りめぐらし、集団で暮らす。穴の出入り口に後肢で立ち上がって見張り、敵が近づくと、犬に似た鋭い鳴き声をだす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

プレーリードッグ【prairie dog】

北アメリカのプレーリーに,複雑な構造の巣穴を掘って,大きな集団ですむジリスに似た草食性のリス類。齧歯(げつし)目リス科Cynomys属の哺乳類の総称。ジリスよりも体つきがいっそう太くがっしりしていて,四肢は短く,手足のつめは強大。耳は小さく,尾は短いなど,地下生活に適した体をしている。危険が迫るとするどい声でなくのでdogの名がある。北アメリカ中央部のグレートプレーンズにすむ代表種,オグロプレーリードッグC.ludovicianus(イラスト)ほか計5種が,モンタナからメキシコにかけて分布する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

プレーリードッグ【prairiedog】

リス科の哺乳類。頭胴長約30センチメートル。尾長6センチメートルほど。全身茶褐色。プレーリーに分布し、穴を掘って家族群で集団生活をする。鳴き声が犬に似るところからの名。五種に分かれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プレーリードッグ
ぷれーりーどっぐ
prairie dogbarking squirrel
[学]Cynomys ludovicianus

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目リス科の動物。北アメリカの草原(プレーリー)にすみ、イヌに似た鳴き声を発することからこの名をもつ。カナダ南部からメキシコ北部に分布する。体長30センチメートル、尾長10センチメートル。姿は近縁のジリスに似るが、やや大形で、頑丈な体をもち、四肢と尾は短い。体色は、背側が黄灰色から赤褐色、腹側は白色を帯びる。地中に広さ数十キロメートル四方に及ぶトンネル網を掘り、数万個体からなる大群ですみ、町(タウン)をつくる。町の内部では、成獣と幼獣の合計10~十数頭の小群(コテリー)がおのおの一定の縄張りを占め、隣り合ってすむ。巣穴の出入口には掘り出された土で円錐(えんすい)形の塚が築かれ、プレーリードッグはたびたびこの上に座り、危険を感じると即座に巣穴に飛び込む。昼行性で、草本類を食べる。雌は約30日の妊娠期間ののち、3~4月に1産4~6子を産む。オジロプレーリードッグC. gunnisoniなど数種の近縁種がある。なお、日本では2003年(平成15)3月1日よりペストの国内への侵入防止を目的としてプレーリードッグの国内への輸入を禁止している。[今泉吉晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

プレーリードッグの関連キーワードプレーリードッグディナープレーリーセレクションコロニー(生物集団)グレートプレーンズカスター州立公園アナホリフクロウチンチラディナークロアシイタチセレクションフクロウ今泉吉晴サル痘

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プレーリードッグの関連情報