コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジーゲン ジーゲン Siegen(Sechten), Ludwig von

3件 の用語解説(ジーゲンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジーゲン
ジーゲン
Siegen(Sechten), Ludwig von

[生]1609頃.ユトレヒト
[没]1680. ボルフェンビュッテル
ドイツの画家,版画家。初期には辺境伯夫人 A.エリザベート,ヘッセン=カッセル伯ウィルヘルムに仕える。 1641~44年アムステルダムに滞在。メゾチントの創始者で,『アメリア・エリザベート』 (1642) ,『ヘンリエッタ・マリア』 (44) ,『フェルディナント3世』 (54) その他数点の肖像銅版画を残している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ジーゲン
ジーゲン
Siegen

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州の都市。鉄鉱床の多いジーガーラントの中心都市として,ジーク川とその支流の河谷から斜面にかけて発達している。鉄鋼,機械関係の工場のほか,かつて森林に依存して立地した染色や皮革加工業も多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジーゲン
じーげん
Siegen

ドイツ中西部、ノルトライン・ウェストファーレン州の都市。人口10万8500(2000)。ライン川右岸の支流ジーク川の上流、ライン片岩山地のほぼ中央に位置する。その発展は先史時代以来の鉄鉱石採掘に支えられ、刃物生産で有名な都市ゾリンゲンなどに原料を供給した。19世紀後半以来、商工業が発展し、岩山の上の中世の旧市街から谷沿いに市街地が延びた。鉱山は1962年に閉鎖されたが、鉄鋼加工はいまも盛んである。南北方向のアウトバーンが通る。[齋藤光格]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジーゲンの関連キーワードユトレヒトユトレヒト条約ユトレヒト同盟誰一人ユトレヒト交響楽団ユトレヒト古典音楽祭ユトレヒト詩篇《ドルトレヒト規定》ユトレヒト聖堂ユトレヒト天文台

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジーゲンの関連情報