コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジーゲン ジーゲンSiegen(Sechten), Ludwig von

3件 の用語解説(ジーゲンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジーゲン
Siegen(Sechten), Ludwig von

[生]1609頃.ユトレヒト
[没]1680. ボルフェンビュッテル
ドイツの画家,版画家。初期には辺境伯夫人 A.エリザベート,ヘッセン=カッセル伯ウィルヘルムに仕える。 1641~44年アムステルダムに滞在。メゾチントの創始者で,『アメリア・エリザベート』 (1642) ,『ヘンリエッタ・マリア』 (44) ,『フェルディナント3世』 (54) その他数点の肖像銅版画を残している。

ジーゲン
Siegen

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州の都市。鉄鉱床の多いジーガーラントの中心都市として,ジーク川とその支流の河谷から斜面にかけて発達している。鉄鋼,機械関係の工場のほか,かつて森林に依存して立地した染色や皮革加工業も多い。 1303年都市権を得た。中世領主のナッサウ=ジーゲン家は,カトリック系とプロテスタント系に分裂し,それぞれが別個に城を築いた。その両方の城が現存する。オランダの画家ルーベンス (1577~1640) はここで生れた。人口 10万 9174 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジーゲン
じーげん
Siegen

ドイツ中西部、ノルトライン・ウェストファーレン州の都市。人口10万8500(2000)。ライン川右岸の支流ジーク川の上流、ライン片岩山地のほぼ中央に位置する。その発展は先史時代以来の鉄鉱石採掘に支えられ、刃物生産で有名な都市ゾリンゲンなどに原料を供給した。19世紀後半以来、商工業が発展し、岩山の上の中世の旧市街から谷沿いに市街地が延びた。鉱山は1962年に閉鎖されたが、鉄鋼加工はいまも盛んである。南北方向のアウトバーンが通る。[齋藤光格]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジーゲンの関連キーワードボクシング酒石酸サブネットマスク静的IPマスカレード出資会計管理者マケドニア戦争カブラル徳川氏JR宝塚線脱線事故

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジーゲンの関連情報