コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スウィフト スウィフト Swift, Gustavus Franklin

10件 の用語解説(スウィフトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スウィフト
スウィフト
Swift, Gustavus Franklin

[生]1839.6.24. マサチューセッツ
[没]1903.3.29. シカゴ
世界屈指の食肉会社の創設者。 14歳でと畜助手となり,食肉取引業者として事業を拡大。 1877年食肉冷凍用鉄道貨車を開発して生鮮肉をシカゴから東部海岸市場に送ることに成功,85年資本金 30万ドルで食肉会社のスウィフト社を設立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スウィフト
スウィフト
Swift, Jonathan

[生]1667.11.30. ダブリン
[没]1745.10.19. ダブリン
アイルランド生れのイギリスの作家,ジャーナリスト。幼い頃から家庭的に恵まれず,ダブリンのトリニティ・カレッジを出て,政治家の秘書,牧師の職につき,当時の政治,宗教界を風刺する『桶物語』A Tale of a Tubや,古代と近代の優劣を論じて前者を支持した『書物戦争』 The Battle of the Books (ともに 1704) を書き,攻撃的な風刺作家としての本領を発揮した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スウィフト
スウィフト

エスマーク」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スウィフト(Jonathan Swift)

[1667~1745]英国の小説家。アイルランドの生まれ。人間と社会を風刺した作品を発表。作「ガリバー旅行記」「桶物語」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スウィフト

英国の作家。アイルランドのダブリンに,父の死後生まれ,苦労の末トリニティ・カレッジを卒業。政治家W.テンプルの住込秘書を務めたこともあって政治に関心を示し,ホイッグ党の立場で文筆活動を続けたが,のちに保守主義をかかげるトーリー党に転じた。
→関連項目アステル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

スウィフト Swift, John Trumbull

1861-1928 アメリカの教育者。
1861年4月3日生まれ。明治21年(1888)英語教師として初来日。22年再来日し,10年にわたりYMCA運動を指導,東京YMCA会館を建設した。のち3度目の来日で東京高師などで英語,英文学を教授。昭和3年8月13日東京で死去。67歳。コネティカット州出身。エール大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

スウィフト【Gustavus Franklin Swift】

1839‐1903
アメリカの精肉業者。マサチューセッツ州の農家に生まれ,のちシカゴに移住し精肉業者として産をなした。1885年には食肉会社スウィフト社を設立した。1880年代,それまでの家畜を生きたまま輸送する方法にかえて,加工処理した枝肉を冷蔵貨車で輸送する方法を考案し,業界の反対を克服して成功を収めた。また,この食肉の大量販売に見合う大量処理の手段として,精肉工場にアセンブリーライン(流れ作業)を導入したことでも有名である。

スウィフト【Jonathan Swift】

1667‐1745
イギリスの風刺作家,詩人。イギリス人を両親としてアイルランドに生まれる。ダブリンのトリニティ・カレッジを卒業後,イングランドサリームーアパークで文人政治家W.テンプルの秘書となり,約10年間彼の強い影響を受けた。彼の死(1699)後はアイルランドに帰り聖職を得る。その間《書物合戦》《桶物語》(ともに1704)を執筆。前者は当時行われていた文学の新旧論争に加わりテンプルに味方して古典派にくみしたものであり,後者は学問と宗教における弊害と腐敗を暴露したもので,ともに彼の風刺家としての名声を高めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

スウィフト【Jonathan Swift】

1667~1745) イギリスの小説家。痛烈な風刺と批判精神で文壇・政界に活躍。代表作「ガリバー旅行記」「桶物語」「書物合戦」

スウィフト【SWIFT】

〖Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication〗
国際銀行間通信協会。国際金融機関の通信業務を遂行するために 1973 年設立。本部はベルギー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスウィフトの言及

【ガリバー旅行記】より

…イギリスの作家スウィフトの代表的風刺物語。1726年刊。…

【スカトロジー】より

…〈解放型〉を〈陽〉とすれば,こちらは〈陰〉である。この代表がスウィフトで,《ガリバー旅行記》はあまりにも有名である。全身黄色に染まって糞便の食品化の実験に没頭する科学者,糞便の色,におい,味,濃度などによって人間の思想を判断しうると考える教授など,スカトロジックなエピソードがふんだんに出てくる。…

【スペクテーター】より

…アディソンJoseph AddisonとスティールRichard Steeleが1711年3月1日に創刊した。スティールは,1709年4月12日からアディソン,スウィフトJonathan Swiftら文人の協力をえて《タトラーTatler》(週3回刊)と題する,ビカスタッフIssac Bickerstaffという架空の語り手によるエッセー主体の新聞を出し,大きな成功を収めていた。彼らのエッセーは身辺雑記,そこはかとない感想をつづるものではなく,社会のモラル,マナーを改造しようという遠大な目的意識に貫かれていた。…

【生物群集】より

… 食物連鎖図のかかれた最初は,1913年のV.E.シェルフォードによるアメリカ合衆国イリノイ温帯草原についてのものといわれ,一方,日本での食物連鎖図の最初は,可児藤吉(1908‐44)が1938年にかいた水生昆虫を中心とする渓流生物についてのものだろう。ちなみに芸術作品には,もっと古い時期から食物連鎖をあらわしたものがあって,例えば《ガリバー旅行記》の著者のスウィフトには〈ノミの体にゃ血を吸う小さいノミ,小さいノミにはその血を吸う細っかいノミ,こうして無限に続いてる〉という詩があるし,16世紀フランドルの画家大ブリューゲルの作《大きい魚は小さい魚を食う》は,つとに有名である。 食物連鎖の関係を一つの突破口として群集の研究を進めようとしたのは,イギリスのC.S.エルトンであった。…

【ユートピア】より

… 第4に,文学的表現としての諧謔(かいぎやく)のユートピアがある。すでに18世紀にJ.スウィフトが《ガリバー旅行記》(1726)において,極大と極小の架空社会を描いたときに,理想国家の冷厳な現実が間接的にとりあげられていた。S.バトラー《エレホン》(1872)もまた,一見理想的にみえる社会のうちに逆説的な暗黒面を見いだし,結果として未来の予測可能性を疑わしめることになった。…

【笑い】より

… 16世紀の中世的な価値の崩壊から18世紀の近代社会の確立までの間に,ヨーロッパは3人の偉大な〈笑い人間〉を生み出している。ラブレーとセルバンテスとスウィフトである。ラブレーにとって笑いは〈人間の本性〉だった。…

※「スウィフト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スウィフトの関連キーワードイギリス革命イギリス労働組合会議イギリスオランダ戦争イギリス巻イギリスパンイギリス組曲イギリスの名車Miniバースデーの日イギリス下見ジョン・ブルイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スウィフトの関連情報