スキンシップ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スキンシップ
すきんしっぷ
skinship

皮膚関係と訳す。英語ではあるが、1953年(昭和28)に開催されたWHO(世界保健機関)のセミナーで、たまたまアメリカの一婦人がつくったことばを、平井信義(のぶよし)が紹介したことに端を発しているようである。幼児期とくに3歳未満の子供には、抱く、背負うなどの身体接触が、子供の情緒の安定に役だち、子供がからだで甘えたときに、それを受け入れてくれる相手(とくに母親)との間に緊密な情緒的関係が成立し、それが信頼関係となる。つまり、母親の温かいイメージが子供の心に刻み込まれ、これが、子供に不安が生じたときの心の基地になる。スキンシップの不足による情緒の不安定は、さまざまな異常行動を生み出す。たとえば攻撃的行動や各種の癖などとなって現れたり、無気力になったり、表情が固くなったりする。そのような子供の治療にはスキンシップがきわめてよい効果を現し、それは学童期の子供についても、思春期以後の子供についてもいえる。ただし、子供がスキンシップを求めていないときに抱くようなことが多いと抱き癖がつくことがある。また、親自身がスキンシップを楽しめないときには、なかなか子供の情緒の安定は実現できない。スキンシップにも親子ともに楽しいという状況が必要になる。わが国の添い寝もスキンシップの点から大きな意味がある。

[平井信義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

スキン‐シップ

〘名〙 (洋語skinship) 皮膚と皮膚とのふれあいによる愛情の交流をいう。親子(特に母子)の関係が中心であるが、幼児の保育や低学年の教育では、保育者や教師と子どもの関係についてもこの大切さが主張されている。
※変痴気論(1971)〈山本夏彦〉わらべ歌「スキンシップといって、赤ん坊とその母は、日になん時間か肌と肌をふれあっていなければならない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android