スクラップブック(読み)すくらっぷぶっく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スクラップブック

Mac OS(Mac OS 9以前)に付属するデスクアクセサリのひとつ。テキストや画像、サウンドなど、さまざまな形式のデータを貼り付けて保管できる。データの貼り付けは、コピー&ペースト、またはドラッグ&ドロップで行う。なお、クリップボードとは異なり、本体の電源を落としてもデータが消去されることはない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スクラップブック【scrapbook】

新聞記事等の切抜きをはりこむためのクラフト紙のつづり。紙片をはったために膨らむ分,背表紙を幅広くしてある。スクラップブックが必要とされるようになったのは新聞,雑誌が普及する19世紀以降である。写真や切符,パンフレット等をはって,アルバムのように使われることも多い。はりつけてしまうと整理し直すのが難しいため,用紙の綴じ具が開閉できる形式のものも用いられる。新聞の紙幅の増大等により,スクラップブックB4判等の大型の需要が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スクラップブック【scrapbook】

スクラップをはりつけるためのノート。切り抜き帳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スクラップブック
すくらっぷぶっく
scrap book

新聞や雑誌の切り抜きなどを収録、保存するための帳面。利用範囲はきわめて広く、一般事務用以外にも、切り抜き貼付(ちょうふ)用としていろいろに使われている。台紙はクラフト紙を使ったものが多く、一般に表紙は板紙を用いているが、台紙の抜き差しや交換ができるようになったものもある。A4判(210ミリメートル×297ミリメートル)が一般的な大きさである。[野沢松男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

スクラップ‐ブック

〘名〙 (scrapbook) スクラップ①をはりつけて整理する帳面、あるいはアルバム風の体裁のもの。切り抜き帳。
※緑蔭茗話(1890‐91)〈内田魯庵〉「日頃読売新聞を切抜き置きたれば叢竹編輯の時は氏のスクラップ、ブックより補ふ処少からざりしと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スクラップブックの関連情報