コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクラップブック すくらっぷぶっく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スクラップブック

Mac OS(Mac OS 9以前)に付属するデスクアクセサリのひとつ。テキストや画像、サウンドなど、さまざまな形式のデータを貼り付けて保管できる。データの貼り付けは、コピー&ペースト、またはドラッグ&ドロップで行う。なお、クリップボードとは異なり、本体の電源を落としてもデータが消去されることはない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スクラップブック【scrapbook】

新聞記事等の切抜きをはりこむためのクラフト紙のつづり。紙片をはったために膨らむ分,背表紙を幅広くしてある。スクラップブックが必要とされるようになったのは新聞,雑誌が普及する19世紀以降である。写真や切符,パンフレット等をはって,アルバムのように使われることも多い。はりつけてしまうと整理し直すのが難しいため,用紙の綴じ具が開閉できる形式のものも用いられる。新聞の紙幅の増大等により,スクラップブックB4判等の大型の需要が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スクラップブック【scrapbook】

スクラップをはりつけるためのノート。切り抜き帳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スクラップブック
すくらっぷぶっく
scrap book

新聞や雑誌の切り抜きなどを収録、保存するための帳面。利用範囲はきわめて広く、一般事務用以外にも、切り抜き貼付(ちょうふ)用としていろいろに使われている。台紙はクラフト紙を使ったものが多く、一般に表紙は板紙を用いているが、台紙の抜き差しや交換ができるようになったものもある。A4判(210ミリメートル×297ミリメートル)が一般的な大きさである。[野沢松男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スクラップブックの関連情報