コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクリバ スクリバ Julius Scriba

6件 の用語解説(スクリバの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スクリバ(Julius Scriba)

[1848~1905]ドイツの外科医。1881年(明治14)に来日して西洋外科学を紹介し、日本の近代医学に貢献。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

スクリバ Scriba, Julius Karl

1848-1905 ドイツの医学者。
1848年6月5日生まれ。明治14年(1881)来日し,シュルツェの後任として東京大学の外科教師となる。皮膚病学,梅毒学,眼科学,裁判医学も担当。34年大学を退職し,聖路加病院の外科主任となる。日本外科学の恩人といわれる。明治38年1月3日鎌倉で死去。56歳。ワインハイム出身。ハイデルベルク大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

スクリバ

没年:明治38.1.3(1905)
生年:1848.6.5
明治期に来日したお雇い外国人。ドイツ人外科医。ハイデルベルク大卒,陸軍軍医。明治14(1881)年6月5日,シュルツェのあとを受け,東大3人目の外国人外科学教師となる。東大ではベルツ(内科学)とスクリバが最後の外国人教師。気管切開や腎臓剔出を行うなど,わが国近代外科・麻酔学の基礎づくりに貢献。皮膚病黴毒学,眼科学,裁判医学も講じ,日本薬局方制定にも関与した。大津事件,濃尾大地震,李鴻章負傷事件などでは現地に出張。34年,在任約20年の東大を退き,その後聖路加病院外科主任となる。その名声は日本国内のみでなく,東南アジア各国にとどろいた。植物学にも造詣が深く,日本の美術品にも注目した。日本でシェパード犬を飼った最初の人ともされる。妻は日本人の神谷ヤス,子孫は須栗場姓を名乗る。鎌倉で没し,青山霊園に葬られた。ベルツと並んだ像が東大にある。<参考文献>石橋長英・小川鼎三『お雇い外国人―医学』

(長門谷洋治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スクリバ【Julius Karl Scriba】

1848‐1905
明治期に来日したドイツ人医師で,日本近代外科の確立に大きく寄与した。ワインハイムに生まれ,ハイデルベルク大学卒業。陸軍軍医,フライブルク大学講師を経て,招かれて1881年東京大学医学部教師となる。外科学の講義と診療に従事し,積極的に手術を行ったほか,皮膚病梅毒学,眼科学,裁判医学などを担当した。E.vonベルツとともに東大医学部における最後の外人教師となった。日本薬局方の制定に関与したほか,大津事件,濃尾大地震,李鴻章負傷事件などでは現地に出張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

スクリバ【Julius Scriba】

1848~1905) ドイツの医学者。東京大学の外科教師として1881年(明治14)から1901年まで在職し、日本近代医学の創始期に指導者として活躍。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スクリバ
すくりば
Julius Carl Scriba
(1848―1905)

ドイツの外科医。明治期のお雇い外国人の一人。1874年ハイデルベルク大学で医学を学び、ドクトルとなる。在学中プロイセンフランス戦争に従軍、その後ベルリン、フライブルクの大学などで外科医学を学んだ。1881年(明治14)シュルツェEmil A. W. Schultze(1840―1924)の後任として東京大学医学部に招かれた。外科手術に優れ、温和で恬淡(てんたん)な気質で人気があり、1901年(明治34)名誉教師の称号を贈られ東京帝国大学を退任するまで在職20年に及び、ベルツが日本医学の父とよばれるように、彼は日本外科学の恩人と敬慕されている。日本で最初の腎臓(じんぞう)摘出手術や、縫合に絹糸を用いたことなどが知られている。
 陸軍軍医総監で侍医の橋本綱常(1845―1909)、枢密顧問官青木周蔵らと親交があり、宮中、貴顕に交際が広く、大学の外科学教授としてだけでなく、陸軍軍医部における軍陣外科学、同衛生学、またベルツとともに中央衛生会委員として検疫、防疫体制の発展に尽力した。大学退任後は聖路加病院外科主任となり明治38年病没。日本人の妻神谷ヤスとの間に3男がある。[神谷昭典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスクリバの言及

【手術】より

…明治になるや政府は軍事病院(東京府大病院)と幕府時代の医学所とを合わせて医学校兼病院(のちに大学東校と改称)としたが,これが東京大学医学部の前身である。医学校兼病院長であったW.ウィリスはイギリス人であるが,その後(1869年,明治2年6月)ドイツ医学採用の政府決定により,ドイツ人のミュラーL.Müller,シュルツェW.Schultze,J.スクリバの順に大学東校(または東大医学部)教師として外科の講座を担当した。こうして明治以来,日本の医学はドイツ医学の影響を強く受けてきたが,第2次大戦後はアメリカ医学の影響下に置かれ,外科も例外ではなかった。…

※「スクリバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スクリバの関連キーワードアビーフォックブラウンスウェルニヒゴッチェシャンドジュウェットショイベハイトケンペルリッテル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スクリバの関連情報