コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スザンナ Susanna

翻訳|Susanna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スザンナ
Susanna

旧約聖書の『ダニエル書』に付加されていた旧約外典の一つ。『ダニエル書』との関係はないとされる。バビロニアユダヤ人社会を舞台としたこの物語は,律法に忠実なユダヤ人の妻スザンナが,その美しさに魅せられた2人の長老によって,姦通罪で訴えられ,偽証によって死罪にされるが,神の霊に動かされたダニエルによって潔白が証明されるという内容。律法に従う者は最終的には勝利するということと,公正な裁判がダニエルによって保たれたことがその中心である。ダニエル (「神はわが審判者」「神が裁いた」の意味) という名も象徴的。前 95~80年頃,ヘブライ語でつくられたといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スザンナ

旧約聖書《ダニエル書》に付加された外典に見える人名バビロンの住人ヨアキムの妻。美貌(びぼう)で貞淑であった。入浴中,2人の長老にのぞき見られ,加えて姦婦(かんぷ)として訴えられたが,預言者ダニエルの証言によって潔白が証明され,2人の老人は処刑された。しばしば画題となり,水浴場面が描かれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スザンナ【Susanna】

旧約聖書外典《ダニエル書》13章に登場する人物。バビロンに住むヨアキムの妻で,美しく敬虔な女性であった。あるとき邪悪なふたりの長老に入浴中の姿をのぞき見られ,逆に姦通の罪で誣告(ぶこく)されるが,死罪宣告の寸前に,ダニエルの知恵によって無実が証明される。スザンナの物語は初期キリスト教時代から美術の主題としてとりあげられ,《ブレシアの象牙製遺物匣(はこ)》(4世紀)には〈庭園のスザンナ〉〈ダニエルの前にひきだされるスザンナ〉〈祈るスザンナ〉の場面が描かれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スザンナ【Susanna】

旧約聖書ダニエル書に付加されたいわゆる「スザンナ物語」に登場する女性。入浴姿をよこしまな老人たちにのぞかれ、言い寄られてしりぞけると逆に姦通罪で告発されたが、ダニエルの知恵によって貞潔が証明された。画題として中世には祈る姿が、ルネサンス以降には入浴の場面が多く描かれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

スザンナの関連キーワードフォスター(Stephen Collins Foster)マデルナ(Carlo Maderna)シュトゥットガルト・バレエ団トム・ジョーンズの華麗な冒険E. ウォルフ・フェラーリバーバラ ヘンドリックスウルズラ ヴェルフェルドロテア レッシュマンシェークスピア(年譜)ウォルフ・フェラーリエターナル・フレームドーン アップショウダニエル書への追加アンナ ネトレプコスザンナと長老たちひとりぼっちの青春わが命つきるともスコットランド石シェークスピアシャセリオー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スザンナの関連情報