コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズカケノキ(篠懸の木) スズカケノキ(common) plane

世界大百科事典 第2版の解説

スズカケノキ【スズカケノキ(篠懸の木) (common) plane】

スズカケノキ科の落葉高木で,街路樹または庭園樹として広く植えられている。高さ30mに達し,幹には樹皮が広い薄片としてはげたあとの不規則な模様ができる。葉は互生し,長さ3~8cmの葉柄基部冬芽を包み,また鞘(さや)状の早落性托葉がある。葉身は幅10~20cm,手のひら状に5~7の深い切れ込みができ,裂片の縁に少数の歯牙がある。5月,雄花雌花がそれぞれ別の球形頭状花序をなし,長い柄で3~6個ずつ総状に垂れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

スズカケノキ(篠懸の木)の関連キーワードスズカケノキ科