コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズカケノキ(篠懸の木) スズカケノキ (common) plane

1件 の用語解説(スズカケノキ(篠懸の木)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スズカケノキ【スズカケノキ(篠懸の木) (common) plane】

スズカケノキ科の落葉高木で,街路樹または庭園樹として広く植えられている。高さ30mに達し,幹には樹皮が広い薄片としてはげたあとの不規則な模様ができる。葉は互生し,長さ3~8cmの葉柄の基部が冬芽を包み,また鞘(さや)状の早落性托葉がある。葉身は幅10~20cm,手のひら状に5~7の深い切れ込みができ,裂片の縁に少数の歯牙がある。5月,雄花と雌花がそれぞれ別の球形の頭状花序をなし,長い柄で3~6個ずつ総状に垂れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スズカケノキ(篠懸の木)の関連キーワードプラタナスマロニエ赤四手秋楡あさだアメリカ篠懸の木唐楓科の木鈴懸の木トチの実

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone