コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタインベック スタインベック Steinbeck, John Ernst

6件 の用語解説(スタインベックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタインベック
スタインベック
Steinbeck, John Ernst

[生]1902.2.27. カリフォルニア,サリーナス
[没]1968.12.20. ニューヨーク
アメリカの小説家。 1962年ノーベル文学賞受賞。さまざまな仕事に従事しながら創作を始め,カリフォルニアのモンテレーに住むパイサーノ (メキシコ系アメリカ人) たちの素朴な生活を描いた『トーティーヤ平』 Tortilla Flat (1935) で名声を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スタインベック(John Ernst Steinbeck)

[1902~1968]米国の小説家。貧しい農民の生活を、共感をこめて描いた。1962年、ノーベル文学賞受賞。作「怒りの葡萄」「二十日鼠と人間」「エデンの東」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スタインベック

米国の作家。カリフォルニア州サリーナスの生れ。スタンフォード大学でおもに海洋生物学を学んだ。カリフォルニアを舞台に,貧乏な移住農民を描いた小説が多いが,生物学を通して培った,いわゆる〈生物学的人間観〉や〈集団人(グループ・マン)〉といった思考態度は,人間を描く作家としての姿勢の基本となっている。
→関連項目オクラホマ[州]ミッチャム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スタインベック【John Ernst Steinbeck】

1902‐68
アメリカの小説家。カリフォルニア州サリーナスに生まれ育った。作家自身は自分の気質とその血統との結びつきを重視するが,むしろカリフォルニアの風土こそが彼の作品と血肉的な関係をもつ。その作家的栄誉を担う作品がすべてこの地を母胎とするに反し,ここと断絶した世界に文学空間を築こうとした少数の作品では,作者の想像力が自由に躍動していないうらみが残る。1919年に入学したスタンフォード大学では生物学(特に海洋生物学)に興味を示したが,モンテレーの生物学者エドワードリケッツとの親交は〈非目的論的思考〉と自称する基本的思考態度を培い,いわゆる〈生物学的人間観〉や〈集団人(グループ・マン)〉なる認識を定着させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

スタインベック【John Steinbeck】

1902~1968) アメリカの小説家。社会的不平等の下で生きる貧民の姿を共感を交えて描く。代表作「怒りの葡萄」「二十日鼠と人間」「エデンの東」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタインベック
すたいんべっく
John Ernst Steinbeck
(1902―1968)

アメリカの小説家。2月27日カリフォルニア州モンテレー郡サリーナス生まれ。父はドイツ系、母はアイルランド系で、母方の祖父母への傾斜が強くみられ、ケルト民族の血の意識が濃い。自然を愛し、宇宙の神秘に感動し、暗い憂愁に彷徨(ほうこう)する民族への思いである。高校で陸上競技やバスケットボール選手として活躍、作家というより典型的な西部男という風貌(ふうぼう)。1920年スタンフォード大学に入学、英文学を学ぶかたわら、ギリシア古典文学、生物学に関心を示し、在学5年で退学。ニューヨーク市へ出てれんが運びや記者生活ののち、故郷へ帰る。
 第一作は17世紀イギリスの海賊を題材にした歴史小説『金の杯(さかずき)』(1929)。そののち、一転して故郷に取材し、これが生涯の中心モチーフとなったので、「地方色作家」とよばれ、また故郷の地を「スタインベック・カントリー」とよぶ批評家もいる。しかし、作者の主題は一地方の人間に限られるわけではなく、人間と自然、西欧と非西欧への問いが一貫して認められる。作品には『天の牧場』(1932)、『知られざる神に捧(ささ)ぐ』(1933)、『トーティヤ台地』(1935)、『勝敗のわからぬ戦(いくさ)』(1936)、『二十日鼠(はつかねずみ)と人間』(1937)、『長い谷間』(1938)、『怒りの葡萄(ぶどう)』(1939)、『月は沈みぬ』(1942)、『缶詰横町』(1945)、『赤い子馬』(1945)、『気まぐれバス』『真珠』(ともに1947)、『コルテスの海の航海日誌』(1951)、『エデンの東』(1952)、『ピピン4世の短い治世』(1957)、『在りし日の戦』(1958)、『われらが不満の冬』(1961)、『チャーリーとの旅』(1962)、『アメリカとアメリカ人』(1966)があり、遺稿も刊行されている。その作品は牧歌調の作品、社会意識に目覚めた作品、諧謔(かいぎゃく)に富んだ作品に大別することができる。短編には心理主義を試みた作品もあり、その才は多方面に及んだが、作家としての円熟期に第二次世界大戦を体験したため十分力を発揮できなかった。
 1942年故郷を去ってニューヨーク市に住み、1960年まで故郷を訪ねなかった。晩年はアメリカ文明を批判、キリスト教と異教、近代の産業主義と原始主義などのテーマと取り組んだ。人道主義的作風は野生人としての自然愛に裏づけられ、伝統的西部開拓者の剛毅(ごうき)と悲哀が込められている。1957年(昭和32)国際ペンクラブ大会で来日。1962年ノーベル文学賞受賞。1968年12月20日、ニューヨークで没。[稲澤秀夫]

短編

スタインベックの短編小説は『天の牧場』(1932)、『長い谷間』(1938)、『赤い子馬』(1945)の3冊に収められ、この作家の世界をよく要約している。
『天の牧場』The Pastures of Heaven 小説の場を一つの村に限定し、そこに住む人々を次々に取り上げ、村全体の姿を浮かび上がらせる手法により、名もなく朽ちてゆく人々の夢と挫折(ざせつ)を語る叙情作品集。
『長い谷間』The Long Valley 独立した話の集まりで、アンドレ・ジッドも賞賛した短編集。成熟した女の夢と精力を菊の花に託した『菊』、女の夢と利己性をウズラに託した『白いウズラ』、中年女の性の欲望を蛇に託した『蛇』、女に縛られた男の悲哀をスイートピー栽培に託した『肩当て』などの心理主義的作品をはじめ、共産主義への作者の関心を示す『襲撃』、諧謔(かいぎゃく)を含んだ『熊(くま)のジョニー』『処女ケイティ様』がある。またいちばん短い『朝めし』は、日雇い労働者の情感を早朝のひとときに凝縮して描き、長編『怒りの葡萄(ぶどう)』の一こまとして収められているが、独立した別種の深い味わいのある秀作。
『赤い子馬』The Red Pony 四つの短編からなる叙情作品。少年ジョディの成長に、作者自身の生い立ちをみることができる。[稲澤秀夫]
『大久保康雄訳『スタインベック短編集』(1954・新潮社) ▽石一郎編『スタインベック』(1967・研究社出版) ▽稲澤秀夫著『スタインベックの世界』(1978・思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスタインベックの言及

【アメリカ映画】より

…ハリウッドは〈夢の工場〉と呼ばれていた。ジョン・スタインベックは次のように述べている。〈初期の映画は,中世ヨーロッパの大寺院のように生活に栄光をもたぬ人々のために栄光を開いてくれた。…

【アメリカ文学】より

… 29年の大恐慌を境に,頽廃的ムードの中にも繁栄していた1920年代の社会は冷たく暗い幻滅感と危機感をたたえた社会へと変わり,社会的関心を第一とする作品が目につくようになる。ノリス的自然主義者スタインベックは《怒りの葡萄》(1939)で農民の窮境を叙事詩的に語り,コールドウェルは南部の貧しい白人を,J.T.ファレルは都会の不良少年を,黒人作家R.ライトは抑圧された黒人の姿を,それぞれなまなましく描いた。またT.ウルフやH.ミラーは自伝的作品によって原始的生命をもった個性への復帰を示した。…

【怒りの葡萄】より

…アメリカの作家スタインベックの小説。1939年刊。…

※「スタインベック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スタインベックの関連キーワードカリフォルニア米カリフォルニア・ドリームカリフォルニア・ドールズカリフォルニア・レーズンデーカリフォルニケーションさらばカリフォルニア夢のカリフォルニアカリフォルニア・ガールズカリフォルニア・バレエ団カリフォルニア大学バークレー校

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スタインベックの関連情報