コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スダチ

3件 の用語解説(スダチの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

スダチ

 [Citrus sudachi].ムクロジミカン科ミカン属(柑橘類)の一つで,香りづけに使う.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スダチ

徳島県に多く産する小柑橘(かんきつ)。茎は束生し,高さ5〜6mになり,枝にとげのあるものと欠くものとがある。葉は小型で,つぼみは淡紫色,開花直前に白色になる。果実はだいだい黄色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スダチ
すだち / 酢橘
[学]Citrus sudachi hort. ex Shirai

ミカン科の常緑低木ないし中高木。ユズの近縁種。徳島県の特産。同県下では江戸時代後半から栽培され、樹齢200年を超す古木もある。果実は扁(へん)球形で30~40グラム、10月下旬に熟す。熟果は橙黄(とうこう)色を呈し、苦味はなく、(じょうのう)(袋)数は9~10個、果肉は淡黄色。果皮は滑らかで、小さな油点が多い。種子のある系統とない系統とがあり、種子のあるものは12個内外の種子をもち、種子は多胚(はい)で、胚は白い。果皮にはスダチチン、デメトキシスダチチンなどを含む。果汁は多く酸味が強いが、多種類の酸性アミノ酸を含むために特有の風味と芳香があり、酢として珍重される。季節感のある果物の一つとして風味を尊び、緑果のうちに利用され、焼きマツタケやシイタケなどにはふさわしく、焼き魚、煮物、刺身、吸い物、湯豆腐など和食にあう。ブランデーや紅茶などにも調和する。8月末から10月にかけて出荷が多い。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スダチの関連キーワード柑橘類朝熊黄楊柑橘杵築黒豹玄猪守口大根枸櫞酸柑類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スダチの関連情報