コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スッペ スッペ Franz von Suppé

4件 の用語解説(スッペの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スッペ(Franz von Suppé)

[1819~1895]オーストリアの作曲家。軽快で明朗なオペレッタを多数作曲した。作品に「詩人と農夫」「軽騎兵」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スッペ【Franz von Suppé】

1819~1895) オーストリアの作曲家。ベルギー系の家に生まれ、ウィーンで活躍。「スペードの女王」「軽騎兵」など二〇〇余のオペレッタがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スッペ
すっぺ
Franz von Supp
(1819―1895)

オーストリアの作曲家。ダルマチア王国のスパラト(現クロアチアスプリト)生まれ。本名Francesco Ezechiele Ermenegildo Cavaliere Supp Demelli。一族はベルギーの家系で、イタリアのクレモナに移住し、その後スパラトにとどまった。父はベルギー人、母はウィーン生まれのイタリア人。幼時から音楽の天分を発揮したが、父の希望でパドバの大学で法律を修めた。父の死とともに16歳でウィーンに移り、同地の音楽院で学び、ウィーンの様式を身につけた。1840年からヨーゼフシュタット劇場で指揮者兼作曲家として活動を開始、音楽劇や劇の伴奏音楽をつくる。46年にはアン・デア・ウィーン劇場に迎えられて『詩人と農夫』を発表。58年、オッフェンバックのオペレッタ『提灯(ちょうちん)結婚』や『天国と地獄』に刺激されてオペレッタを志し、60年には『寄宿学校』を作曲。63年からはカール劇場を本拠に活躍、65年にはオッフェンバックの『美しいエレーヌ』に対抗して『美しいガラテア』をつくり、本格的なウィンナ・オペレッタの創始者となった。
 以後、『軽騎兵』(1866)、『イサベラ』(1869)、『ファティニッツァ』(1876)、そして畢生(ひっせい)の大作『ボッカチオ』(1879)、さらに『ドンナ・ファニータ』(1880)などを発表して人気を集めた。『ボッカチオ』はわが国のオペラ運動の初期に翻訳・紹介され、「恋はやさしい」や「トチチリチンの歌」で広く知られている。彼のオペレッタは、イタリアの青空のもつ明るさとのびやかなメロディーをもった歌に、ウィーンの甘さと繊細さがみごとに混じり合い、その上にオッフェンバックから学んだパリ風の軽やかさとしゃれた筋運びを加え、万人に親しみやすいものになっている。200に近い音楽劇があり、「ウィンナ・オペレッタの父」とうたわれる。ウィーンに没。[寺崎裕則]
『寺崎裕則著『魅惑のウィンナ・オペレッタ』(1983・音楽之友社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スッペの関連キーワードコルンゴルトオーストリア併合オーストリーラデツキー行進曲オーストリアン・バロック・カンパニーオーストリアン・スムース・ブラッケコルナウトパラディースメーデル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スッペの関連情報