コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティーブンソン すてぃーぶんそんGeorge Stephenson

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スティーブンソン(George Stephenson)
すてぃーぶんそん
George Stephenson
(1781―1848)

イギリスの鉄道の創設技術者。ニューカッスルに近いワイラム炭鉱の坑夫の息子として生まれる。家が貧しく学校に行くことができず、幼少のころから牛番などをして働き、8歳のときには鉱山で働いていた。14歳で火夫見習い、17歳でニューコメン大気圧機関の機関夫になった。18歳のとき初めて夜学で学校教育を受けた。21歳で結婚し、1803年に技術者としてのよき伴侶(はんりょ)となった息子ロバートが生まれている。このころすでにキリングワース鉱山の筆頭技師になっており、1805年ごろには「機械博士」としての名をとどろかしていた。1812年住宅と石炭を無料で与えられ、キリングワース鉱山の機関長に迎えられた。当時、炭鉱では石炭を坑内から搬出する方法として馬にトロッコを引かせていたが、この輸送手段を機械化することが大きな課題だった。このころ蒸気機関を利用する輸送手段を考えていた発明家が大ぜいいた。蒸気自動車を考えたフランスのキュニョーもその一人である。
 スティーブンソンは1813年に初めて蒸気機関車を製作し、翌1814年7月25日に運転に成功した。この第一号の蒸気機関車は、ワーテルローでナポレオンを破った人物にちなんで、ブリュッヘル号と命名された。その後改良を加え、1825年までに16台の蒸気機関車を製作している。1821年ストックトン―ダーリントン間21キロメートルの鉄道開通工事が開始され、この工事の技師長になった。1823年には2人の共同出資者とともに世界で最初の機関車工場を設立した。この工場で製作した機関車ロコモーション号で1825年9月27日にこの鉄道は開通した。最初の列車は、38台の車両を引き、時速20~26キロメートルで運行した。これは馬車にかわる陸上輸送の開幕となった。
 さらにこのころ、マンチェスター―リバプール間45キロメートルにも鉄道が建設され、ここで使う蒸気機関車のコンクールが1829年に開催された。息子のロバートと製作した出力13馬力のロケット号を出場させ優勝し、その後数年かかってこの鉄道の建設許可を得ている。当時は「高圧蒸気は生命と健康に害があるから政府は禁止令を出すべきだ」という意見まであった。しかし、マンチェスター―リバプール間の鉄道が建設(1830年開通)されていくなかで、アメリカ、フランス、ドイツなどに、この新しい陸上輸送手段が広がっていった。彼は、その後もベルギー、スペインなどの鉄道建設に従事した。1847年には鉄道技術者たちが中心になってバーミンガムに世界最初の機械学会Institution of Mechanical Engineersを創立させ、その初代会長に推挙された。しかし、翌1848年8月12日チェスターフィールドで没した。ひとり息子であり鉄道技術者でもあるロバートが2代目の会長に就任している。[雀部 晶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スティーブンソンの関連キーワードスティーブンソン(Robert Stephenson)ナスミス機関車

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スティーブンソンの関連情報