コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティーブン スティーブン Stephen

4件 の用語解説(スティーブンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スティーブン
スティーブン
Stephen

[生]1097頃
[没]1154.10.25. ドーバー
イギリスノルマン朝最後のイングランド王 (在位 1135~54) 。ウィリアム1世の娘アデラとフランスブロアエティエンヌの間の第3子。伯父ヘンリー1世が世継ぎの男子なくして没すると,ただちにイギリスに渡り,一部の貴族とロンドン市民の支持を獲得,次いで教皇インノケンチウス2世から即位の認証と聖跋の承認を得て即位。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スティーブン
スティーブン
Stephen, Sir Leslie

[生]1832.11.28. ロンドン
[没]1904.2.22. ロンドン
イギリスの批評家。ケンブリッジ大学卒業。 1871年『コーンヒル・マガジン』の主筆となり文芸批評家として活躍。批評論集『書斎での時間』 Hours in a Library (1874~79) ,名著『18世紀イギリス思想史』 History of English Thought in the Eighteenth Century (76) など多数の著書があるほか,『イギリス伝記辞典』 Dictionary of National Biography (26巻) の編者としても有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スティーブン

イングランド,ノルマン朝最後の王(在位1135年−1154年)。フランスのブロアの出身でイングランド王ヘンリー1世の甥にあたるところから,ヘンリーの死後即位。これを契機にヘンリーの娘マティルダとの間に18年に及ぶ内乱となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スティーブン【Leslie Stephen】

1832‐1904
イギリスの著述家。ケンブリッジ大学卒業後聖職についたが,宗教に疑いを抱き文学に転ずる。文芸雑誌《コーンヒル・マガジン》の主筆(1871‐82),《イギリス文人評伝叢書》の主幹や《イギリス国民伝記辞典》の初代編集長(1882‐91)などを歴任,イギリス文壇の大御所的存在となり,多くの著作がある。彼の死後,その遺児(バネッサバージニアウルフ)を中心にいわゆるブルームズベリー・グループが形成された。【小池 滋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スティーブンの関連キーワードロンドン会議ロンドンアイロンドンパープルロンドンブーツロンドン橋落ちたロンドン橋が落ちるどんどんドメルとロンどんどん どんどんロンドンジンロンドンドライジン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スティーブンの関連情報