コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティーブン Stephen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スティーブン
Stephen

[生]1097頃
[没]1154.10.25. ドーバー
イギリス,ノルマン朝最後のイングランド王 (在位 1135~54) 。ウィリアム1世の娘アデラとフランスのブロア伯エティエンヌの間の第3子。伯父ヘンリー1世が世継ぎの男子なくして没すると,ただちにイギリスに渡り,一部の貴族とロンドン市民の支持を獲得,次いで教皇インノケンチウス2世から即位の認証と聖跋の承認を得て即位。 1139年ヘンリー1世の娘マティルダ王位を要求してイングランドに侵入したため,国内の貴族は2派に分れて争う内乱状態に入った。 41年スティーブンは敗れて捕えられたが釈放後勢力を回復,内乱は 53年まで続いた。この間有力な貴族は地方官職を私物化し,王権はまったく弱体化した。同年ようやく和約が成立しスティーブンの王位が認められた。しかし彼は翌年没し,和約の条件により彼の跡はマティルダの子でアンジュー伯であったアンリが継ぎ,ヘンリー2世として即位,プランタジネット朝を開いた。

スティーブン
Stephen, Sir Leslie

[生]1832.11.28. ロンドン
[没]1904.2.22. ロンドン
イギリスの批評家。ケンブリッジ大学卒業。 1871年『コーンヒル・マガジン』の主筆となり文芸批評家として活躍。批評論集『書斎での時間』 Hours in a Library (1874~79) ,名著『18世紀イギリス思想史』 History of English Thought in the Eighteenth Century (76) など多数の著書があるほか,『イギリス伝記辞典』 Dictionary of National Biography (26巻) の編者としても有名。次女は小説家 V.ウルフ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スティーブン

イングランド,ノルマン朝最後の王(在位1135年−1154年)。フランスのブロアの出身でイングランド王ヘンリー1世の甥にあたるところから,ヘンリーの死後即位。これを契機にヘンリーの娘マティルダとの間に18年に及ぶ内乱となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スティーブン【Leslie Stephen】

1832‐1904
イギリスの著述家。ケンブリッジ大学卒業後聖職についたが,宗教に疑いを抱き文学に転ずる。文芸雑誌《コーンヒル・マガジン》の主筆(1871‐82),《イギリス文人評伝叢書》の主幹や《イギリス国民伝記辞典》の初代編集長(1882‐91)などを歴任,イギリス文壇の大御所的存在となり,多くの著作がある。彼の死後,その遺児(バネッサとバージニア・ウルフ)を中心にいわゆるブルームズベリー・グループが形成された。【小池 滋】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

スティーブンの関連キーワードスティーヴンソン(Robert Louis Stevenson)スティーヴンソン(Adlai Ewing Stevenson)スチーブンソン(Robert Louis Stevenson)スチーブンソン(Adlai Ewing Stevenson)スティーヴンソン(George Stephenson)スティーヴンソン(Robert Stephenson)スチーブンソン(George Stephenson)スチーブンソン(Robert Stephenson)BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアントロスト・ワールド/ジュラシック・パーク2AVP2 エイリアンズVS.プレデターレイダース/失われたアーク〈聖櫃〉インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説13日の金曜日/ジェイソンの命日ハムナプトラ2/黄金のピラミッドスチーブンスジョンソン症候群パニッシャー:ウォー・ゾーンINTO THE WESTセックスと嘘とビデオテープ天才少年ドギー・ハウザー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スティーブンの関連情報