コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステイン stain

翻訳|stain

デジタル大辞泉の解説

ステイン(stain)

《汚れ・しみの意》
木材や繊維の着色剤。色素が素地にしみこんで着色する。
歯の黄ばみ・くすみなどの着色よごれ。コーヒー、茶、タバコやになどによる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ステイン

広くは生地に染み込ませて着色する材料のことだが,ふつうは木製品の表面に塗布する仕上剤をいう。木目をそこなうことなく美しく仕上げるために施す。→オイルステイン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ステイン【stain】

ステインとは生地にしみ込ませて色をつける材料をいい,工業用,顕微鏡用,生物用がある。工業用ステインは,おもに木製品の表面に塗布して着色効果を与えるように設計された,着色剤溶液または分散体をいう。着色機能のほかに,清浄作用,充てん効果もあり,インキ研磨材プライマー(塗装系の中で生地に初めに用いられる塗料),防水剤などに配合される場合もある。溶剤の種類により,オイルステイン,アルコールステイン水性ステインに分けられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ステイン【stain】

木材や合板の着色仕上げ剤。染料や顔料をアルコールや油に溶いたもので、木目を美しく仕上げるのに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ステイン
すていん
stain

木材や合板の木目を生かして美しくみせる仕上げの一種。住宅の下見板、窓枠、腰羽目、鼻隠しや、家具、楽器などの木工品の着色仕上げに用いる。
 染料や顔料などを水、アルコール、油、テレビン油などに溶解したもので、木材の表面に塗る。通常は表面にワニス類など別の透明塗料を重ね塗りして仕上げる。ステインの種類は染料、顔料を溶解する液体によって、オイルステイン、アルコールステイン、ラッカーステイン、水性ステイン、化学ステインがある。主要成分の液体によって性能が異なり、染料、顔料によって退色性に差がある。塗装する木材の種類や表面状態に適したものを選び、はけ塗り、吹き付け、浸し塗りをする。[岸谷孝一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ステインの関連キーワードブラウン(Michael Stuart Brown)サステイン・ブロック[sustain block]サステイン・ペダル[sustain pedal]赤ぶどう酒様血管腫/いちご状血管腫カラー=フィールド・ペインティングサタデー・ナイト・フィーバーシスタチオニンβシルベスター スタローンプロテアーゼインヒビターメチルテトラヒドロ葉酸セレノトリスルフィドチオールプロテアーゼモーガン プレッセルジョン トラボルタルービンシュタインシンシア ローズニック ラロッカゴールドステインフィリップ ロスSHプロテアーゼ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ステインの関連情報