ステイン(読み)すていん(英語表記)stain

翻訳|stain

日本大百科全書(ニッポニカ)「ステイン」の解説

ステイン
すていん
stain

木材や合板の木目を生かして美しくみせる仕上げの一種。住宅の下見板、窓枠、腰羽目、鼻隠しや、家具、楽器などの木工品の着色仕上げに用いる。

 染料や顔料などを水、アルコール、油、テレビン油などに溶解したもので、木材の表面に塗る。通常は表面にワニス類など別の透明塗料を重ね塗りして仕上げる。ステインの種類は染料、顔料を溶解する液体によって、オイルステイン、アルコールステイン、ラッカーステイン、水性ステイン、化学ステインがある。主要成分の液体によって性能が異なり、染料、顔料によって退色性に差がある。塗装する木材の種類や表面状態に適したものを選び、はけ塗り、吹き付け、浸し塗りをする。

[岸谷孝一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ステイン」の解説

ステイン

〘名〙 (stain しみ、よごれの意) 木材や繊維の着色剤。色素が素地にしみこんで着色する。溶剤により、アルコールステイン、オイルステイン、水性ステイン、化学ステインなどがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「ステイン」の解説

ステイン

広くは生地に染み込ませて着色する材料のことだが,ふつうは木製品の表面に塗布する仕上剤をいう。木目をそこなうことなく美しく仕上げるために施す。→オイルステイン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「ステイン」の解説

ステイン【stain】

ステインとは生地にしみ込ませて色をつける材料をいい,工業用,顕微鏡用,生物用がある。工業用ステインは,おもに木製品の表面に塗布して着色効果を与えるように設計された,着色剤溶液または分散体をいう。着色機能のほかに,清浄作用,充てん効果もあり,インキ研磨材プライマー(塗装系の中で生地に初めに用いられる塗料),防水剤などに配合される場合もある。溶剤の種類により,オイルステイン,アルコールステイン,水性ステインに分けられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android