コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステッド William Thomas Stead

世界大百科事典 第2版の解説

ステッド【William Thomas Stead】

1849‐1912
イギリスのジャーナリスト。父は会衆派教会牧師。1863年から商社で働くが,度重なる投書が認められ,71年4月,ダーリントンの新聞《ノーザン・エコーNorthern Echo》の編集長になる。80年,ロンドンの高級夕刊紙《ペル・メル・ガゼットPall Mall Gazette》(1865創刊)の副編集長に迎えられ,83年から編集長。新聞によって〈人類のモラル〉を改良するというのが彼の信念で,それまでの常識を破った多くのキャンペーンを展開,マシュー・アーノルドから〈ニュー・ジャーナリズム〉とレッテルをはられたが,20世紀型大衆紙出現への道を開いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

ステッド

正式社名「株式会社ステッド」。英文社名「STEAD Co., Ltd.」。情報・通信業。昭和51年(1976)設立。本社は大阪市北区野崎町。システム開発会社。業務システムの受託開発・運用サポートを行う。パッケージソフト開発・販売、パソコン・情報機器の運用サポートも手がける。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ステッド
すてっど
Christina Stead
(1902―1983)

オーストラリアの小説家。シドニー・ロックディル生まれ。1921年、シドニー・ティーチャーズ・カレッジ卒業。教員、秘書ほか諸種の仕事につく。28年「旅に出たいがため」離国。ロンドンで会社員。窮乏生活から病を得、「分身をこの世に残したい」衝動を覚え、のちに傑作と評されている『シドニーの七人の貧しい男たち』(出版は1934)を書いたとされる。この間経済学者、小説家と多才なW・ブレイクと結婚、1929~30年はパリ。パリでの銀行勤めの経験が、『世界の中の家』(1938)などに結実。1937~47年アメリカへ移住。処女出版作『ザルツブルグ物語』(1934)から、帰豪後書いた最後の作品となる『ミス・ハーバート(郊外の妻)』(1976)まで、10編余の小説は各国で刊行。しかし、1965年まで、これらの作品がオーストラリアで出版されることはなかった。オーストラリアでの少女期の経験を基にした『子供たちを愛した男』(1940)や『愛のみに』(1944)が広く地元オーストラリアの読者を得たのは、アメリカの詩人R・ジャレルらの熱意による。夫の死(1968)後、1969年に41年ぶりに一時帰豪。74年より定住。アメリカ在住期、文芸誌への寄稿の短編は『頭の混乱した少女』として1968年出版。未刊の短編は『オーシャン・オブ・ストーリー』のタイトルで没後1986年出版。ビクトリア州プレミア賞受賞。1967年大英百科事典賞は「オーストラリアの作家ではない」との理由で授与されなかったが、1974年、パトリック・ホワイト賞の最初の受賞者となって、オーストラリア作家と認められた。[古宇田敦子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ステッド

生年月日:1849年7月5日
イギリスのジャーナリスト
1912年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ステッドの関連キーワードグラフファイト762 サイドノックシャープペンシルノリスクラブ トリプラス ジャンボ鉛筆 書き方鉛筆ステッドラー エルゴソフト アクェレル 水彩色鉛筆ステッドラー マルス エルゴソフト鉛筆(太軸)ステッドラー エルゴソフト ジャンボ 色鉛筆ステッドラー ノリス エルゴソフト鉛筆ステッドラー マルス エルゴソフト鉛筆ノリスクラブ ドライセーフ カラーペンノリスクラブ ジャンボカラー マーカーマルス グラファイト シャープペンシルトリプラス 776 シャープペンシルステッドラー・water brushノリスクラブ トリプラス クレヨンステッドラー エルゴソフト 色鉛筆ノリスクラブ トリプラス 色鉛筆カラト アクェレル 水彩色鉛筆ノリスクラブ みつろうクレヨンステッドラー シャープペンシルトリプラス テキストサーファーステッドラー 鉛筆型ハケ付き

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android