コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストックレー邸 ストックレーてい Stoclet House

3件 の用語解説(ストックレー邸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストックレー邸
ストックレーてい
Stoclet House

ヨーゼフ・ホフマンの設計により,1905~11年にベルギーブリュッセルに建築された住宅。外観は大理石張りの外壁で,隅を青銅で縁どりし,幾何学的明快さをもつ。非対称的な全体構成のなかで,側面に突き出し六角形張出し窓と,一段と高くなった階段室の塔が印象的である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ストックレー邸【ストックレーてい】

ベルギーの首都ブリュッセルにあるモダニズム建築の邸宅。オーストリアの建築家ホフマンによって,1905年―1911年に金融業者アドルフ・ストックレーの邸宅として建設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界遺産詳解の解説

ストックレーてい【ストックレー邸】

2009年に登録されたベルギーの世界遺産文化遺産)で、首都ブリュッセルに位置するモダニズム建築。オーストリアの建築家ジョセフ・ホフマンによって考案され、1905~1911年に建設された、ベルギーの金融業者アドルフ・ストックレーの邸宅である。ホフマンの指揮の下に、グスタフ・クリムトなどの芸術家が、内装・外装、家具・日用品、庭園などを手がけた。建物は直線的で、総合芸術を体現した、アール・デコ先駆けといわれている。◇英名はStoclet House

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストックレー邸の関連キーワードスルツエイティヤソルテアツォディロベルギナ世界遺産登録危機遺産リストトゥルネーのノートル-ダム大聖堂ブリュージュ歴史地区ベルギーとフランスの鐘楼群

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone