ストックレー邸(読み)ストックレーてい(英語表記)Stoclet House

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストックレー邸
ストックレーてい
Stoclet House

ヨーゼフ・ホフマンの設計により,1905~11年にベルギーブリュッセルに建築された住宅。外観は大理石張りの外壁で,隅を青銅で縁どりし,幾何学的明快さをもつ。非対称的な全体構成のなかで,側面に突き出した六角形の張出し窓と,一段と高くなった階段室の塔が印象的である。内部も大理石を用い,簡素にまとめている。食事室にはアール・ヌーボー的な装飾が用いられているが,全体に直線的な構成をとるウィーン・ゼツェッシオン(分離派)の特徴をよく表現した作品である。2009年世界遺産の文化遺産に登録。(→オーストリア建築

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ストックレー邸【ストックレーてい】

ベルギーの首都ブリュッセルにあるモダニズム建築邸宅オーストリアの建築家ホフマンによって,1905年―1911年に金融業者アドルフ・ストックレーの邸宅として建設された。この邸宅は,ホフマンの指揮のもと,庭園,内装,食器デザインまで手がけられた総合芸術としてウィーン工房代表作としても知られている。2009年世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界遺産詳解の解説

ストックレーてい【ストックレー邸】

2009年に登録されたベルギーの世界遺産(文化遺産)で、首都ブリュッセルに位置するモダニズム建築。オーストリアの建築家ジョセフ・ホフマンによって考案され、1905~1911年に建設された、ベルギーの金融業者アドルフ・ストックレーの邸宅である。ホフマンの指揮の下に、グスタフ・クリムトなどの芸術家が、内装・外装、家具・日用品、庭園などを手がけた。建物は直線的で、総合芸術を体現した、アール・デコの先駆けといわれている。◇英名はStoclet House

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android