スピアフィッシング(英語表記)spearfishing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スピアフィッシング
spearfishing

潜水しながら魚を突き捕獲するスポーツ。 1930年代前半に普及し始め,第2次世界大戦後にスキンダイビングとともに急速に世界中に広まった。水中で使用する突き道具は,簡単なやす (もり) から大型の魚も突き通せる水中銃まである。最も単純なものは木製のの一方の端にゴムの輪がついたもので,銛先を付けた柄を管の中に引き込みゴムを伸ばしてはずすと柄が前に飛び出す仕組み。 1930年代半ばにアレック・クラマレンコが圧縮ばねで銛を発射する水中銃の特許を取得した。それ以降ゴムバンドを使った銃や,火薬二酸化炭素圧縮空気などで発射する銃も登場した。世界水中連盟 CMASや各地のダイビングクラブによって国際競技大会が開催される。大会ではスキューバの使用は認められていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スピアフィッシング(spearfishing)

スポーツフィッシングの一。やす水中銃などを使って魚を突くもの。

スピア‐フィッシング(spear phishing)

特定の個人や団体を狙うフィッシング詐欺。相手の素性を調べた上で、関係者を装ってパスワードなどの個人情報を聞き出す手口が知られる。スピア型攻撃

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android