コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水中銃 スイチュウジュウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水中銃
すいちゅうじゅう

水中で魚類、タコ、イカなどを捕獲する銃。スピアーガンspear gunともよばれる。形状が銃で、先端には金属製のもどしのついた銛先(もりさき)があり、銛先のついた紐(ひも)つきシャフトを引き金を引いて発射させるものが一般的である。銛先のついた細長いシャフトにゴムだけが取り付けられているものは銛といい、区別している。銛に比べて水中銃は強力で命中率も高いのが特徴である。日本では資源保護の面から漁具、漁獲期などに制限が設けられており、スポーツ潜水で水中銃、銛を使用して魚類などを捕獲することは禁止されている。外国ではスポーツ潜水で水中銃による競技が行われている国もあり、サメなどの大形魚を対象とした火薬、圧縮ガスを使用する水中銃もある。[山田 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

水中銃の関連キーワードスピアフィッシングブルーオリンピックスキューバ山田漁具水中

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android