コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スヘルトーヘンボス 's-Hertogenbosch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スヘルトーヘンボス
's-Hertogenbosch

デンボス Den Boschともいう。オランダ南部,ノールトブラバント州の州都。アムステルダム南南東約 85kmに位置する。 1185年に築かれ,毛織物工業の中心地となった。カトリックプロテスタントの境界にある戦略上の重要地点として多くの攻撃の対象となった。市庁舎 (1671) やオランダで最大のカトリック大聖堂 (1419~1520) がある。 1874年まで要塞もあった。ヨーロッパ最大の屋内家畜市場をもつ。オランダ国内はもとより,ベルギー,ドイツへの交通の要地。工業では食品加工,金属製品,靴,たばこなどが発達。人口9万 3171,大都市圏 19万 9924 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スヘルトーヘンボス
すへるとーへんぼす
's-Hertogenbosch

オランダ南部、ノールト・ブラバント州の州都。フランス語名ボア・ル・デュクBois-le-Duc、略称デン・ボスDen Bosch。人口13万0477(2001)。地名は「公爵の叢林(そうりん)」の意で、1184年に都市権を与えたブラバント公ヘンドリック1世Hendrik (1165―1235)にちなむ。ドメル川とアー川の合流点に位置し、ゾイト・ウィレム運河によって北郊のマース川と結ばれる交通の要地。家畜取引などの商業や、たばこ、皮革の工業が発達する。独立戦争ではスペイン側に属したため1629年共和国軍に占領されたが、城壁と堀は1876年まで残った。市内には後期ゴシック様式の大聖堂や人文学者エラスムスが通った文法学校がある。画家ヒエロニムス・ボス(ボッシュ)の生地である。[長谷川孝治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スヘルトーヘンボスの関連キーワードボス(Hieronymus Bosch)エリー アメリンクマリアンネ フォススロイスオッス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スヘルトーヘンボスの関連情報