コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スヘルトーヘンボス スヘルトーヘンボス 's-Hertogenbosch

2件 の用語解説(スヘルトーヘンボスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スヘルトーヘンボス
スヘルトーヘンボス
's-Hertogenbosch

デンボス Den Boschともいう。オランダ南部,ノールトブラバント州の州都。アムステルダム南南東約 85kmに位置する。 1185年に築かれ,毛織物工業の中心地となった。カトリックプロテスタントの境界にある戦略上の重要地点として多くの攻撃の対象となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スヘルトーヘンボス
すへるとーへんぼす
's-Hertogenbosch

オランダ南部、ノールト・ブラバント州の州都。フランス語名ボア・ル・デュクBois-le-Duc、略称デン・ボスDen Bosch。人口13万0477(2001)。地名は「公爵の叢林(そうりん)」の意で、1184年に都市権を与えたブラバント公ヘンドリック1世Hendrik (1165―1235)にちなむ。ドメル川とアー川の合流点に位置し、ゾイト・ウィレム運河によって北郊のマース川と結ばれる交通の要地。家畜取引などの商業や、たばこ、皮革の工業が発達する。独立戦争ではスペイン側に属したため1629年共和国軍に占領されたが、城壁と堀は1876年まで残った。市内には後期ゴシック様式の大聖堂や人文学者エラスムスが通った文法学校がある。画家ヒエロニムス・ボス(ボッシュ)の生地である。[長谷川孝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スヘルトーヘンボスの関連キーワードエンボスボスデンエンボスレザーマンボスタイルハウステンボス割引きっぷ長崎県佐世保市ハウステンボス町ス・ヘルトーヘンボスDen Boschデン・ボス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スヘルトーヘンボスの関連情報