コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペースデブリ スペースデブリ space debris

5件 の用語解説(スペースデブリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペースデブリ
スペースデブリ
space debris

宇宙ゴミ,宇宙の破片ともいう。宇宙塵のような自然のものと,打上げロケット人工衛星の残骸,破片など人工のものがある。 1957年のスプートニク以来これまでに約 4000個の人工衛星が打上げられたが,そのうち大気圏に突入,溶融してしまったものを除けば約 1800個が「ゴミ」となって地球周回軌道を回っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

スペースデブリ

利用の目的を失って大気圏外に打ち捨てられ、地球軌道を周回する人工物体のこと。宇宙の破片の意で、宇宙ゴミとも呼ばれる宇宙開発の進展に伴い、運用が終了したまま放置された人工衛星やロケットの一部、それらの破片など多数のゴミが残されるようになった。スペースデブリの多くは、高度800キロメートルから850キロメートルの軌道付近に集中しているが、それ以外の高度でも増加し続け、高度によって異なるが、数年もしくは、数十年から数百年以上にもわたって周回を続けることになる。
スペースデブリの個数は、米国の宇宙監視ネットワークにより監視されている大きさ約10センチメートル以上のものだけで、およそ2万個になる。それ以下の微細なものまで含めると、無数のスペースデブリが宇宙空間に散在している。なお、人工物体ではなく、彗星の尾などから出された天然の物質からなる宇宙塵(うちゅうじん)も、地球の公転軌道などに広く存在するが、これらは通常はスペースデブリには含めない。
スペースデブリは、人工衛星と同様に、高度2千キロメートル以下の低軌道では秒速7~8キロメートルの非常に速い速度で地球を周回している。高度3万6千キロメートルの静止衛星軌道でも秒速3キロメートルほどの速度である。周回軌道はそれぞれ異なるため、他の人工衛星などと交差して衝突するときの相対速度は更に速くなることがある。実際に運用中の人工衛星などに衝突して、いくつかの深刻なトラブルが発生している。
ISS(国際宇宙ステーション)は、直径1センチメートル程度のものまでの衝突には耐えられる設計となっているが、直径約10センチメートルを超えるようなものが激突すれば、完全に破壊されて乗員の生命が危機にさらされる。このため、ときとして衝突回避操作や乗員のソユーズ宇宙船への退避などを余儀なくされている。これらのことからスペースデブリの増加は宇宙開発において深刻な問題になっている。何らかの方法で回収するなどの方策がいくつか提案されているが、実現には至っていない。また、人工衛星などの巨大なスペースデブリが大気圏に再突入する際には、一部が燃え残って地球に落下する。人的被害の起こる確率はゼロではないが、可能性は非常に低く数千分の一程度である。

(金谷俊秀  ライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スペース‐デブリ(space debris)

《debrisはフランス語で破片の意》地球の周囲に浮遊する、不用となった人工物。役目を終えた人工衛星や、打ち上げに使用したロケットの残骸など。宇宙ごみ宇宙デブリ
[補説]宇宙開発の進展とともに増加し、宇宙船や人工衛星に衝突するなどの危険性も高まっているが、回収技術は未確立。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スペースデブリ【space debris】

〔デブリは破片の意〕
地球軌道上の宇宙空間に放置されている人工物体。運用が終了した人工衛星や、分離したロケットの破片など。デブリ。宇宙ごみ。宇宙デブリ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スペースデブリ
すぺーすでぶり
space debris

地球の大気圏外に漂う人工物体のこと。宇宙ごみともよぶ。運用停止された人工衛星やロケットの破片、宇宙飛行士が落とした手袋やねじなど、人類の地球大気圏外での活動に伴い排出されたものが地球軌道上を回っている。それらの速度が毎秒数キロメートル(ピストルの弾丸速度の数千倍)に達することにより、宇宙ステーションや宇宙飛行士に衝突すると、大惨事になることが予想され、対策が急務になっている。事実、1996年に日本の宇宙飛行士若田光一(わかたこういち)がスペースシャトル・エンデバーでのミッションで回収した宇宙実験室にはスペースデブリの衝突によると思われる衝突痕が500か所近くあった。
 スペースデブリの破壊力は非常に大きく、10センチメートルの大きさでも、宇宙船を完全に破壊できる。大きさ10センチメートル以上のスペースデブリは約1万個、10センチメートル以下のデブリも含めると数百万から数千万個あるとされ、将来の宇宙開発の障害になりつつある。その対策として、デブリを大気圏への投入によって落下消滅させる方法や、デブリを危険な軌道から回収するなどの方法が模索されている。2007年には国連宇宙利用平和委員会において「スペースデブリ低減ガイドライン」が合意され、ロケット、人工衛星などはデブリの発生を防止するよう設計すること、またそれらの意図的破壊を行わないことなどが求められている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スペースデブリの関連キーワード再突入大気圏打ち捨てる・打捨てる多目的打捨てるNASPERISOSO大気圏外観測大気圏,大気圏外空間,および海水における核兵器実験を禁止する条約

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スペースデブリの関連情報