コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポーカン

百科事典マイペディアの解説

スポーカン

米国,ワシントン州の商工業都市。コロンビア高原東部の中心都市で,小麦の大集散地。鉄道の要地食品加工木材アルミニウムなどの工業が行われる。20万8916人(2010)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スポーカン【Spokane】

アメリカ合衆国ワシントン州東部の都市。人口19万3000(1994)。市名は〈太陽の子ども〉を意味するインディアン部族名に由来する。1810年コロンビア川の支流スポーカン川にかかる滝の地点(標高570m)に北西会社が毛皮交易所を設置,71年に恒久的集落が建設され,80年代の鉄道の到来により商業都市として重要性を増した。20世紀初頭には近郊で銀,鉛の採掘がすすみ,さらにグランド・クーリー・ダムの完成(1941)は経済発展の刺激となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スポーカン
すぽーかん
Spokane

アメリカ合衆国、ワシントン州東部、アイダホ州境近くの都市。人口19万5629(2000)。合衆国北西部の農業、畜産、鉱物資源の豊かな「内陸帝国」と称される地域の商工業の中心地で、交通の要衝である。バラエティーに富む農産物の集散地・市場のうえ、工業原料となる材木、多種鉱物の産地としても重要で、食品加工、製粉、製油、機械、製材業などが工業の中心をなす。また、1942年のグランド・クーリー・ダムの完成も手伝って、第二次世界大戦中はアルミニウム、マグネシウムなど軽金属工業の中心地ともなった。付近の湖や国立公園への出発地点でもあり、観光業も盛ん。市名は先住民(アメリカ・インディアン)のことばで「太陽の子供」の意。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スポーカンの関連キーワードバーリントン・ノーザン鉄道ワシントン(州)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android