コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポーカン

3件 の用語解説(スポーカンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スポーカン

米国,ワシントン州の商工業都市。コロンビア高原東部の中心都市で,小麦の大集散地。鉄道の要地。食品加工,木材,アルミニウムなどの工業が行われる。20万8916人(2010)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スポーカン【Spokane】

アメリカ合衆国ワシントン州東部の都市。人口19万3000(1994)。市名は〈太陽の子ども〉を意味するインディアン部族名に由来する。1810年コロンビア川の支流スポーカン川にかかる滝の地点(標高570m)に北西会社毛皮交易所を設置,71年に恒久的集落が建設され,80年代の鉄道の到来により商業都市として重要性を増した。20世紀初頭には近郊で銀,鉛の採掘がすすみ,さらにグランドクーリー・ダムの完成(1941)は経済発展の刺激となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スポーカン
すぽーかん
Spokane

アメリカ合衆国、ワシントン州東部、アイダホ州境近くの都市。人口19万5629(2000)。合衆国北西部の農業、畜産、鉱物資源の豊かな「内陸帝国」と称される地域の商工業の中心地で、交通の要衝である。バラエティーに富む農産物の集散地・市場のうえ、工業原料となる材木、多種鉱物の産地としても重要で、食品加工、製粉、製油、機械、製材業などが工業の中心をなす。また、1942年のグランド・クーリー・ダムの完成も手伝って、第二次世界大戦中はアルミニウム、マグネシウムなど軽金属工業の中心地ともなった。付近の湖や国立公園への出発地点でもあり、観光業も盛ん。市名は先住民アメリカ・インディアン)のことばで「太陽の子供」の意。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スポーカンの関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカン合衆国ニュージャージーネバダネブラスカ華盛頓亜米利加アメリカ連合国

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone