スポーツドクター

大辞林 第三版の解説

スポーツドクター

sports+doctor〕
スポーツを主な原因とする傷害や疾病の診断・治療にあたる専門の医師。日本体育協会スポーツ科学研究所が、五年以上の経験を持つ医師に、講習・審査ののち公認する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スポーツドクター
sports doctor

スポーツの専門医。 1982年に日本体育協会のスポーツ科学研究所が,スタートさせた制度。5年以上の経験ある医師に対して,スポーツ医学生理学,スポーツ障害,栄養学,スポーツマッサージ,テーピングなどの 48時間の講習を行い,32単位を収得した場合に認定する。スポーツ選手の障害の予防と治療,練習方法に関してのアドバイスなどを行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スポーツドクター
すぽーつどくたー

スポーツによって発生する障害などの治療と予防にあたる専門医。原則5年以上の実務経験を積んだ医師が、専門の養成講習会を受講し、審査で認証される。スポーツドクターsports doctorは和製英語である。スポーツ医ともよぶ。スポーツで生じた障害や外傷、疾病診断や検査、治療を行うだけでなく、スポーツ医学の知識を有し、競技種目に対応した身体能力の強化や故障の予防策として、トレーニングや栄養、健康面の指導などを行う。各種競技会の医事運営やプロスポーツのチームドクター、プロボクシングのコミッションドクターとしての責務を担うことが多かったが、健康の維持や管理のためにスポーツを愛好する一般人の増加に伴い、その相談相手となるために認定を受ける医師も多い。
 公的な資格としては、1982年(昭和57)に公益財団法人日本体育協会公認スポーツドクター制度が創設されたのが始まりである。2013年(平成25)10月時点の認定者数は、男性5161人、女性351人(合計5512人)。このほかに医師会などが設立した三つの資格認定制度がある。一つは日本整形外科学会認定スポーツ医制度で、1986年に設立された。もう一つは、地域住民の健康志向の高まりに応え、助言や指導のできるスポーツドクターの養成を目ざす、日本医師会認定の健康スポーツ医で、1991年(平成3)に制度化された。さらに2010年には、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会による障がい者スポーツ医資格認定制度が発足した。同制度は従来の身体障害者スポーツ指導者制度を見直し、障害者のスポーツ・レクリエーション活動に必要な医学的な管理、指導などを通し、健康の維持増進、競技力の向上を支援するための制度として新設されたものである。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スポーツドクターの関連情報