コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スムート スムート Smoot, George F.

2件 の用語解説(スムートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スムート
スムート
Smoot, George F.

[生]1945.2.20. フロリダユーコン
アメリカ合衆国物理学者。マサチューセッツ工科大学で物理学を学び,1970年に博士号を取得。翌 1971年からカリフォルニア大学ローレンス・バークリー研究所に勤める。 1980年代にジョン・C.マザーとともにアメリカ航空宇宙局 NASAプロジェクトに携わり,宇宙背景放射探査衛星 COBEを開発した (→宇宙背景放射 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スムート
すむーと
George F. Smoot
(1945― )

アメリカの物理学者。マサチューセッツ工科大学卒業。1970年素粒子に関する研究で物理学の博士号を取得。カルフォルニア大学バークリー校物理学教授。宇宙マイクロ波背景放射の黒体性と異方性を発見した功績が認められ、アメリカ航空宇宙局(NASA)ゴダード宇宙飛行センターマザーとともに2006年にノーベル物理学賞を受賞した。
 二人は1989年にNASAが打ち上げた科学人工衛星COBE(コービー)(宇宙背景放射探査機)で宇宙マイクロ波背景放射(CMB)とよばれる宇宙創生期の熱の名残(なご)りを精密に観測した。その結果、宇宙背景放射が絶対温度2.7K(-270.4℃)であることや、この温度の分布には方向によってわずかにゆらぎがあることを明らかにした。
 COBEのプロジェクトは1000人を超える研究者、技術者で編成されていた。背景放射の微細なゆらぎの観測の責任者を務め、熱の分布にむらがあることを10万分の1の精度で検出してビッグ・バン理論を裏づけた。
 この事実を示すグラフが学会で紹介されたときから「宇宙論は思索に基づくものではなくなり科学となった」と語り、「ビッグ・バンによって急速に膨張したインフレーション理論を確認した」と語っていた。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スムートの関連キーワードフロリダフロリダキーズ諸島フロリダ半島キーラーゴビッグパインキーフロリンベイカーキーザ・グレイズ フロリダ殺人事件簿フロリディンフロリダ岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スムートの関連情報