コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スラ諸島 スラしょとうKepulauan Sula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スラ諸島
スラしょとう
Kepulauan Sula

インドネシアスラウェシ島の東方に,バンガイ諸島を経て,ほぼ東西に連なる諸島。タリアブ島,マンゴレ島,サナナ島と周辺の小島よりなる。マルク諸島に属し,行政的にはマルクウタラ州を形成。3島とも山がちで,熱帯雨林に覆われる。テルナテ島スルタンの地であったが,1683年オランダが支配下に置いた。イネ,トウモロコシ,タバコ,サトウキビが栽培される。良質の木材によって舟がつくられ,住民は航海術に優れている。面積 4850km2

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スラ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【スラ諸島】

Kepulauan Sula》インドネシア中部、モルッカ諸島に属す諸島。モルッカ海南部、スラウェシ島の東方に浮かぶ。タリアブ島、マンゴル島、サナナ島などの島々からなる。アルフール人系の住民が多く、イスラム教徒とキリスト教徒の間で緊張関係が続いている。サゴヤシ、ココナツ、黒檀(こくたん)を産する。主な町はサナナ島のタンジュンバリア。スーラ諸島。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スラ諸島
すらしょとう
Sula Kepulauan

インドネシア、スラウェシ島の東方に位置し、モルッカ諸島に属する諸島。タリアブTaliabu島を主島とし、マンゴルMangole島、サナナSanana島などの島々からなる。面積4870平方キロメートル。人口約3万。住民はアルフール系のスーラ人が大部分でイスラム教徒である。人口の3分の2はサナナ島に集中している。ココナッツ、サゴヤシ、タバコ、トウモロコシ、米などの生産と漁業が行われ、林産物としては黒檀(こくたん)がある。中心地はサナナ島のタンジュンバリア。マルク州に属する。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スラ諸島の関連キーワードバビルサセラム海

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android