コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スリング スリングThring, Edward

3件 の用語解説(スリングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スリング
スリング
Thring, Edward

[生]1821.11.29. アルフォード
[没]1887.10.22. アピンガム
イギリスの教育家。19世紀の傑出した校長で,トマス・アーノルドと並び称される。イートン・カレッジケンブリッジ大学キングズ・カレッジを卒業。1846年牧師になり,7年後アピンガム校の校長に就任,没するまでその職にあり,同校を地方的なグラマー・スクールから一大パブリック・スクールに育て上げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スリング(sling)

《「三角巾」「負い革」の意》赤ん坊を入れる部分がハンモック状になった幅広の布。肩からたすきに掛けて胸のあたりで赤ん坊を抱く。だっこ紐。ベビースリング

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

飲み物がわかる辞典の解説

スリング【sling】


ロングドリンクタイプのカクテルスタイルの一つで、スピリッツにレモンジュースを加え、ソーダやジンジャーエールなどの炭酸飲料または水で割ったもの。シロップなどで甘みを加えることもある。ウオッカベースの「ウオッカスリング」、ブランデーベースの「ブランデースリング」などがあるほか、ドライジンとチェリーブランデーでつくる「シンガポールスリング」が知られる。

出典|講談社
飲み物がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のスリングの言及

【投弾】より

…石,土(水でこねた粘土を日乾しあるいは焼成),まれには鉛で作った球形,卵形,紡錘形の弾(直径は長径2~6cm,重さ十数g~百数十g)。これを飛ばすには,帯(スリングsling)か帯付きの杖を用いる。帯は毛糸,皮革,植物繊維などしなやかな材料で作り,長さ1m強,中央の幅広く作った座に弾をのせて帯を二重に折り,一端に指掛けの環を作り出してある場合は,これに小指を掛け,環がなければ一端を小指と薬指の間に挟み,もう一端は親指と人差指の間に挟む。…

※「スリング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

スリングの関連キーワードブロートンボーキサイト花崗岩嵐璃寛銚子醤油メキシコ美術教養小説アイスランド火山噴火千葉ののり長久保赤水

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スリングの関連情報