スーパーヘテロダイン(英語表記)superheterodyne

翻訳|superheterodyne

百科事典マイペディアの解説

スーパーヘテロダイン

電波の受信方式の一つ。受信した高周波をいったん中間周波数に交換し,増幅した後,検波して音声や映像の信号電流を得る。このため受信機局部発振器を備え,これより発生した高周波電流を受信高周波に重ね,うなりを利用し両周波数の差を中間周波数としてとり出す。この際同調回路と局部発振器を連動させてどの受信周波数に対しても一定の中間周波数(たとえばラジオでは455kHz)が得られるようにする。一定のしかも狭い波長範囲で増幅が行われるため安定で感度や選択性もよい。
→関連項目アームストロング唸り周波数変換中間周波数ラジオ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スーパーヘテロダイン【superheterodyne】

電波の受信方式の一つ。受信した電波を周波数変換して一定周波数の中間周波増幅器で十分な増幅度選択度をとったのち検波する受信方式である(図)。ラジオの初期には受信電波をそのままの周波数で増幅するストレート方式が用いられたが,感度をよくすると自己発振を起こすなどの制限が多かった。スーパーヘテロダイン方式はその改善のために開発された方式で,中間周波数に変えて増幅するため感度をよくすることができ,さらに受信したい信号とその周波数の近傍の妨害信号を分離するための選択度も十分にとることができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スーパーヘテロダイン【superheterodyne】

電波受信方式の一。受信電波を周波数変換して一定周波数の中間周波とし、中間周波増幅器で十分な増幅度と選択度をとったあとに検波する方式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

スーパー‐ヘテロダイン

〘名〙 (superheterodyne) 電波受信の一方式。到来電波と受信機内の局部発振器の出力とのうなり周波数をつくり、到来電波より非常に低い周波数に変換して、安定した増幅を行なう高感度、高選択度の受信方式。現在のラジオ・テレビ受信機や通信用受信機はほとんどこの方式による。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のスーパーヘテロダインの言及

【アームストロング】より

…今日までの無線通信の繁栄はこの発明に負うところがきわめて大きい。第1次世界大戦中にはアメリカ陸軍通信隊に勤め,軍用通信のために1918年にスーパーヘテロダイン方式を発明した。今日のラジオ受信機はすべてこの方式によっている。…

【ラジオ】より

…これを放送波中継局という。
[受信機]
 受信機は受信した高周波信号を中間周波数(IF)に変換して増幅するスーパーヘテロダイン方式を用いている。その構成は,アンテナ,希望する電波の周波数(中波放送は526.5~1606.5kHz,FM放送は76~90MHz)に同調して増幅する高周波増幅器,中間周波数(中波放送は455kHz,FM放送は10.7MHz)に変換するための局部発振器と周波数変換器,中間周波増幅器,検波器,音声周波増幅器などからなる(図2)。…

※「スーパーヘテロダイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android