スーミ(英語表記)Sumy/Суми

世界大百科事典 第2版の解説

スーミ【Sumy】

ウクライナ北東部の都市。同名州の州都。人口30万3000(1991)。鉄道が通り,空港もある。1652年に右岸ウクライナから移住してきたウクライナ・コサックおよび農民によって,クリミア・タタール(クリム・ハーン国)に対する要塞として建設された。19世紀後半から付近で栽培されるビートを背景に精糖工業および商業の中心として発展した。現在では精糖のほかに電子顕微鏡,ポンプなどの機械工業が発達している。【青木 節也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スーミ
すーみ
Сумы Sum

ウクライナ中北部、スーミ州の州都。人口29万3000(2001)。ハリコフの北西約150キロメートルにあり、鉄道が通じる。市は1652年に創設され、クリミアに本拠をもつタタール人の襲撃を受けたが、のち交易の中心となり、繁栄した。現在、フルンゼ記念化学プラント施設があるほか、コンプレッサー、電子顕微鏡、鋳造、精糖、醸造、食肉加工などの工場が立地する。絵画館、郷土館、劇場などの文化施設や交響楽団も置かれている。[渡辺一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android