コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セッコク(石斛) セッコクDendrobium monile; dendrobium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セッコク(石斛)
セッコク
Dendrobium monile; dendrobium

ラン科の常緑多年草。本州中部以南の山地樹上や岩上に着生し,琉球列島や台湾の山地にまでみられる。また観賞用にヘゴなどに着生させて栽培する。茎は群生し,高さ 20cm内外の肉質円柱状で節が目立つ。葉は2~3年生で互生し,基部は鞘となって茎を包む。披針形,革質暗緑色でつやがある。夏,古い茎の上部の各節から短い枝を出し,2花ずつつける。花茎は 3cmほどで白色または淡紅色を帯びる。花被片は広披針形で先はとがり,唇弁卵形。開花前の全草を乾かしたものは,古くから,強壮剤または健胃剤として用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

セッコク(石斛)【セッコク】

本州〜沖縄,東アジアの山中の樹上または岩上にはえるラン科セッコク属(デンドロビウム属)の常緑多年草。茎は束生し,長さ5〜40cm,太く多肉で節がある。葉は披針形。
→関連項目ラン(蘭)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セッコク【セッコク(石斛) Dendrobium moniliforme (L.) Sw.】

日本で最も目にするラン科の着生ラン(イラスト)。主として葉の変異品を,江戸時代より長生蘭(ちようせいらん)と呼んで栽培してきた。近来は花の美しさも注目されて,濃紅色,紅色,丸弁などの変異品も珍重されている。茎は叢生(そうせい)し,高さ5~40cm,数節よりなる。葉は二年生で数枚が互生し,長さ5cmくらい。5~6月,葉の落ちた3年目の茎の上部の節より,数花ずつが束になって咲く。花は白色から淡紅色で,径3~4cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のセッコク(石斛)の言及

【オサラン】より

… オサラン属Eriaはインドから東南アジア,さらに太平洋諸島にかけて500種以上が知られている大きな着生ランの群で,花は小さいが多数つけ美しいため,熱帯ランとしていくつかの種が栽培される。日本にはオオオサランE.corneri Reichb.f.とリュウキュウセッコクE.ovata Lindl.の2種があり,主に琉球に分布する。セッコク(セキコク)属Dendrobiumに近縁だが,オサラン属は8個の,セッコク属では4個の花粉塊を有することで区別される。…

【少彦名命】より

…スクナビコナノカミ,スクナミカミとも呼ばれ,《古事記》では少名毘古那神と記す。記紀の神話,《風土記》《万葉集》などにしばしば登場する神で,多くの場合大己貴(おおなむち)神(大国主神の前身ないし別名)と組をなして語られ,その体軀がきわめて短小でかつわんぱく者という特性を示している。名義はオオナムチの〈大(おお)〉の対称〈少(すくな)〉にもとづくもので,この名からさまざまな小人神譚が生まれていったのであろう。…

※「セッコク(石斛)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セッコク(石斛)の関連キーワードルーアン(六安)地区ラン(蘭)東洋ラン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android