セッティング

精選版 日本国語大辞典「セッティング」の解説

セッティング

〘名〙 (setting)
① 物を配置したり、あらたにもうけたりすること。
② 録音・映画撮影などの装置を配置すること。また、舞台装置、およびその据え付け。
※笹まくら(1966)〈丸谷才一〉一「マイクのセッティング一つでもぞんざいらしいから」
③ バドミントンで、得点上のルールの一つ。一五点ゲームの場合、一三点対一三点のときあと五点、一四点対一四点のときあと三点の延長戦を行なうかどうかを、一三点(あるいは一四点)先取したサイドが選択すること。
宝石のはめこみ台。
※瀬山の話(1924)〈梶井基次郎〉「あの奇怪な嵌込台(セッティング)にあの黄金色の巨大な宝石を象眼したのは正に俺だぞ!」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「セッティング」の解説

セッティング(setting)

[名](スル)
物を配置したり、新たにとりつけたりすること。「家具セッティングする」
会議会談などを設定すること。
演劇・映画・テレビなどの舞台装置。
小説・映画・演劇などで、時代・環境・人間関係など、状況設定一般。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ダイビング用語集「セッティング」の解説

セッティング

すぐに水に入れる状態にまで器材を準備すること。具体的にはタンクBCに固定し、レギュレーターを装着してチェックする。マスクのくもり止めやスーツを着てウエイトを装着する、といったフルな準備行為までを意味することもある。

出典 ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』ダイビング用語集について 情報

世界大百科事典内のセッティングの言及

【バドミントン】より

…試合には主審,サービスジャッジ,線審を置く。 バドミントンのルールで特徴的なものに〈セッティング〉があり,これは一種の促進ルールである。15点制で13対13のとき5点,14対14のとき3点(11点制では9対9で3点,10対10で2点)のエキストラポイントをセットする権利が,先にその点に達していた側に与えられ,エキストラポイントの先取をめぐって争われる。…

※「セッティング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android