コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セメンテーション セメンテーション cementation

翻訳|cementation

3件 の用語解説(セメンテーションの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

セメンテーション(cementation)

金属の表面層に異種の元素を浸透・拡散させて、表面を硬く、または、さびにくくすること。鉄の表面に炭素をしみ込ませて焼入れする滲炭など。
トンネル・坑道工事などで、湧水を阻止するため、地層の裂け目セメントモルタルやコンクリートを注入すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

セメンテーション【cementation】

岩石の割れ目や軟弱地層にセメントや水ガラスなどを注入して、漏水・湧水を防止したり、地盤を固結安定化すること。セメント注入法。
金属の表面処理法の一種。金属の表面に別の元素を浸透・拡散させて被覆層をつくり、表面を改質して耐蝕性・耐磨耗性などを高める方法。 → 滲炭しんたん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セメンテーション
せめんてーしょん
cementation

金属材料の表面層に異種の原子をしみ込ませて、表面部を硬く、あるいは錆(さ)びにくくする方法であって、拡散浸透めっきともいう。
 金属の表面処理としては、このほかに、電気めっき、真空蒸着、セラミックコーティングなどがあるが、これらは材料の外表面に金属や酸化物の皮膜を形成させる方法である。これに対してセメンテーションは、金属材料自身を加熱し、異種原子をしみ込ませて、表面層そのものを改質する方法であって、内部との結合が強固な表面層が得られる。鉄の表面から炭素原子をしみ込ませ、焼入れによって表面層だけを硬くする浸炭法は、セメンテーションの代表例であり、また、鉄の表面からクロム、亜鉛、アルミニウムなどをしみ込ませて、錆びにくく、また酸化しにくくする方法も、古くから実用されてきたセメンテーションである。
 セメンテーションを行うには、しみ込ませようとする元素を含む粉末の中に材料を埋めて加熱し、蒸気と材料とを反応させる物理的方法や、金属粉末と塩化アンモニウムの混合物中に水素を流し、発生する金属塩化物と材料とを反応させる化学的方法など、各種の方式が考案されている。[西沢泰二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セメンテーションの関連キーワード合金金属元素錆止め青化法ハロゲン元素異種の造岩元素ゴールトシュミットの元素分類表面光電効果拡散被覆

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セメンテーションの関連情報