コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルゲル Sergel, Johan Tobias

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルゲル
Sergel, Johan Tobias

[生]1740.8.28. /1740.9.8. ストックホルム
[没]1814.2.26. ストックホルム
スウェーデンの彫刻家。ストックホルムとパリで学び,1767~78年ローマで制作,『ファウヌス』 (1769~70) で注目を浴びた。 78年ストックホルムに帰り,宮廷彫刻家,アカデミーの教授となり,『グスタフ3世』 (90~1808) をはじめとする多数の彫刻,素描,風刺画を制作。作風はロココの優雅さを出発点とし,のちに古典彫刻の研究によって B.トルバルセンらの新古典主義の先駆的役割を果した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セルゲル【Johan Tobias Sergel】

1740‐1814
スウェーデンの彫刻家。生地ストックホルムでフランス人の彫刻家ラルシュベークPierre Hubert Larchevêque(1721‐78)に師事し,1758年パリに赴く。67‐78年ローマに在住し,古代およびルネサンスの作品に学ぶとともに,J.H.フュッスリ,N.A.アビルゴールらと親交を結ぶ。帰国後,79年よりスウェーデン王室彫刻家としてグスタフ3世の庇護を受け活躍,王室芸術家の中心的存在となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セルゲル
せるげる
Johan Tobias Sergel
(1740―1814)

スウェーデンの彫刻家。ストックホルムに生まれる。生地とパリで修業したのち、1767~78年ローマに滞在。帰国後、グスタフ3世の宮廷彫刻家となり、アカデミー教授を務め、以後故郷で制作した。初めロココの影響を受けたが、ローマで古典主義に転向し、大理石像『アモールとプシュケ』(1787ころ)、銅像『グスタフ3世像』(1799)など、明るく典雅な作品を残した。ユーモラスで風刺的なデッサンにも注目すべきものがある。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

セルゲルの関連キーワードスウェーデン美術ファウヌス9月8日北欧美術

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android