コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルゲル セルゲル Sergel, Johan Tobias

3件 の用語解説(セルゲルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルゲル
セルゲル
Sergel, Johan Tobias

[生]1740.8.28. /1740.9.8. ストックホルム
[没]1814.2.26. ストックホルム
スウェーデンの彫刻家。ストックホルムとパリで学び,1767~78年ローマで制作,『ファウヌス』 (1769~70) で注目を浴びた。 78年ストックホルムに帰り,宮廷彫刻家,アカデミーの教授となり,『グスタフ3世』 (90~1808) をはじめとする多数の彫刻,素描,風刺画を制作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

セルゲル【Johan Tobias Sergel】

1740‐1814
スウェーデンの彫刻家。生地ストックホルムでフランス人の彫刻家ラルシュベークPierre Hubert Larchevêque(1721‐78)に師事し,1758年パリに赴く。67‐78年ローマに在住し,古代およびルネサンスの作品に学ぶとともに,J.H.フュッスリ,N.A.アビルゴールらと親交を結ぶ。帰国後,79年よりスウェーデン王室彫刻家としてグスタフ3世の庇護を受け活躍,王室芸術家の中心的存在となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セルゲル
せるげる
Johan Tobias Sergel
(1740―1814)

スウェーデンの彫刻家。ストックホルムに生まれる。生地とパリで修業したのち、1767~78年ローマに滞在。帰国後、グスタフ3世の宮廷彫刻家となり、アカデミー教授を務め、以後故郷で制作した。初めロココの影響を受けたが、ローマで古典主義に転向し、大理石像『アモールプシュケ』(1787ころ)、銅像『グスタフ3世像』(1799)など、明るく典雅な作品を残した。ユーモラスで風刺的なデッサンにも注目すべきものがある。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セルゲルの関連キーワードアスプルンドスウェーデンストックホルム学派エステルマルムカクネス塔ガムラスタンストックホルム室内管弦楽団ストックホルムマラソンストックホルム会議シェーグレン

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone