コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セレンゲティ国立公園 セレンゲティこくりつこうえん Serengeti National Park

6件 の用語解説(セレンゲティ国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セレンゲティ国立公園
セレンゲティこくりつこうえん
Serengeti National Park

タンザニア北部,キリマンジャロ山西方約 300kmに広がる世界最大の平原狩猟地域を中心とした国立公園。標高 900~1800m。面積1万 4763km2。 1951年設置。重要な野生動物保護区となっており,ライオン,ゾウ,バッファロー,シマウマ,多種のレイヨウ類がいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

セレンゲティ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【セレンゲティ国立公園】

Serengeti National Park》タンザニア北部にある国立公園。キリマンジャロの裾野に広がる大サバンナ地帯で、広さは約1万5000平方キロメートルに及ぶ。ライオンやキリンヌーなど、さまざまな動物が生息。1981年、世界遺産自然遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

セレンゲティ国立公園【セレンゲティこくりつこうえん】

タンザニア北部,ケニアとの国境に近いセレンゲティSerengeti高原にある国立公園。面積1万4525km2。1940年創設。標高1500mの草原を中心に,低木林,岩山の山地などを含む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界遺産詳解の解説

セレンゲティこくりつこうえん【セレンゲティ国立公園】

1981年に登録された世界遺産(自然遺産)。タンザニア北部、キリマンジャロの裾野に広がる広大なサバンナで、自然保護を目的に設立された国立公園である。セレンゲティはマサイ語で「果てしなく広がる平原」という意味で、この国立公園の面積は1万4763km2。草原には、ライオン、チーターヒョウアフリカゾウ、バッファロー、インパラ、キリン、シマウマ、ガゼルアンテロープなどさまざまな動物が、約300万頭生息していると推定されている。典型的なサバンナ気候のため雨期と乾期があり、ヌーの群れは、乾期になるとケニア側のマサイ・マラ国立保護区へ移動し、雨期にはここに戻ってくる生活を毎年繰り返している。これに伴い、ライオン、チーター、ヒョウ、ハイエナなども移動する。このヌーの群れの大移動はセレンゲティの最大の見物になっている。◇英名はSerengeti National Park

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

セレンゲティこくりつこうえん【セレンゲティ国立公園 Serengeti National Park】

東アフリカ,タンザニア北部の国立公園。ビクトリア湖南東岸のセレンゲティ高原に約1万4500km2にわたって設定されており,種類,数ともに多い野獣群が全世界からの観光客を呼んでいる。ヌー(30万頭),シマウマ(15万頭),グラントガゼルトムソンガゼルなど(50万頭),およびこれらを餌とするライオンなどの肉食獣がその代表である。中央部のセロネラが宿泊の中心となり,アルーシャナイロビからの軽飛行機自動車でにぎわう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セレンゲティ国立公園
せれんげてぃこくりつこうえん
Serengeti National Park

東アフリカ、タンザニア北部の国立公園。ビクトリア湖南東岸のセレンゲティ高原に位置する。1万4763平方キロメートルの広さと豊富な動物相により、アフリカを代表する国立公園である。とくに、ヌー、シマウマなどの大群とその移動、それらを追うライオン、チーター、ジャッカルなど肉食獣の活動が見ものである。セロネラ・ロッジの近くには野生生物調査研究所もある。1981年には世界遺産の自然遺産に登録されている(世界自然遺産)。[赤阪 賢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セレンゲティ国立公園の関連キーワードキナバル山スルツエイヘンダーソン島コモド国立公園世界自然遺産複合遺産自然遺産ソコトラ諸島世界遺産登録ワッデン海

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セレンゲティ国立公園の関連情報