コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センダイハギ

百科事典マイペディアの解説

センダイハギ

北海道,本州中北部,東アジアに分布し,海岸砂地などにはえるマメ科多年草。茎は根茎から直立して,ときに分枝し,高さ80cmに達する。葉は倒卵形,長さ5〜7cmの小葉3枚からなり,基部にやや大型の托葉を1対つける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

センダイハギ【Thermopsis lupinoides (L.) Link】

海岸に多いマメ科の多年草(イラスト)。5~8月に黄色の蝶形花を開く。和名は歌舞伎の《伽羅(めいぼく)先代萩》から北地仙台に転じて,仙台萩の意であるという。茎は直立し,高さ40~80cm,地下に太い根茎がある。葉は掌状に3枚の小葉をつけ,基部に大型の托葉がある。小葉は卵形,楕円形または倒卵形で長さ5~7cm。托葉は小葉に似ており,長さ3~4cm。花は茎の先に多数がついて,総状花序をつくる。花の長さ2~2.5cmで,10本の離生したおしべがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

センダイハギ
せんだいはぎ / 千代萩
[学]Thermopsis lupinoides (L.) Link

マメ科の多年草。茎は直立し、高さ40~90センチメートル。葉は3小葉が掌状につき、小葉は卵形ないし倒卵形で長さ5~7センチメートル、裏面に白い軟毛がある。葉柄の基部には、大形で葉状の托葉(たくよう)をつける。5~8月、茎頂に総状花序を出し、黄色の蝶形花(ちょうけいか)を多数開く。花は長さ約2.5センチメートル、雄しべは離生する。豆果は線形で扁平(へんぺい)、長さ7~11センチメートル、裂開して10~15個の種子を飛ばす。海岸に生え、北海道、中部地方以北の本州、および東アジア、北アメリカ北部の温帯に分布する。名は、歌舞伎(かぶき)の『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』にかこつけて、仙台市に生える萩の意味でつけられたという。[立石庸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

センダイハギの関連キーワード日本のおもな植物園小清水原生花園北浜原生花園野付崎ハギ

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android