コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センダイハギ

3件 の用語解説(センダイハギの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

センダイハギ

北海道,本州中北部,東アジアに分布し,海岸砂地などにはえるマメ科の多年草。茎は根茎から直立して,ときに分枝し,高さ80cmに達する。葉は倒卵形,長さ5〜7cmの小葉3枚からなり,基部にやや大型の托葉を1対つける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

センダイハギ【Thermopsis lupinoides (L.) Link】

海岸に多いマメ科の多年草(イラスト)。5~8月に黄色の蝶形花を開く。和名は歌舞伎の《伽羅(めいぼく)先代萩》から北地仙台に転じて,仙台萩の意であるという。茎は直立し,高さ40~80cm,地下に太い根茎がある。葉は掌状に3枚の小葉をつけ,基部に大型の托葉がある。小葉は卵形,楕円形または倒卵形で長さ5~7cm。托葉は小葉に似ており,長さ3~4cm。花は茎の先に多数がついて,総状花序をつくる。花の長さ2~2.5cmで,10本の離生したおしべがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

センダイハギ
せんだいはぎ / 千代萩
[学]Thermopsis lupinoides (L.) Link

マメ科の多年草。茎は直立し、高さ40~90センチメートル。葉は3小葉が掌状につき、小葉は卵形ないし倒卵形で長さ5~7センチメートル、裏面に白い軟毛がある。葉柄の基部には、大形で葉状の托葉(たくよう)をつける。5~8月、茎頂に総状花序を出し、黄色の蝶形花(ちょうけいか)を多数開く。花は長さ約2.5センチメートル、雄しべは離生する。豆果は線形で扁平(へんぺい)、長さ7~11センチメートル、裂開して10~15個の種子を飛ばす。海岸に生え、北海道、中部地方以北の本州、および東アジア、北アメリカ北部の温帯に分布する。名は、歌舞伎(かぶき)の『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』にかこつけて、仙台市に生える萩の意味でつけられたという。[立石庸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

センダイハギの関連キーワードカラバル豆四角豆痰切豆夏葛浜豌豆塊芋仙台萩野小豆浜鉈豆シカクマメ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

センダイハギの関連情報