センチメンタルジャーニー

デジタル大辞泉の解説

センチメンタル‐ジャーニー

《原題A Sentimental Journey through France and Italy, by Mr. Yorickスターンによる紀行小説。1768年に第1巻、第2巻を刊行。原題は「ヨリック氏による、フランス・イタリアへのセンチメンタルジャーニー」の意。「ヨリック」はシェークスピアの作品に登場する道化師の名にちなむ、スターンの筆名。著者の死により、イタリアには到達せず終わった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

センチメンタルジャーニーの関連情報