コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センチメンタルジャーニー

デジタル大辞泉の解説

センチメンタル‐ジャーニー

《原題A Sentimental Journey through France and Italy, by Mr. Yorickスターンによる紀行小説。1768年に第1巻、第2巻を刊行。原題は「ヨリック氏による、フランス・イタリアへのセンチメンタルジャーニー」の意。「ヨリック」はシェークスピアの作品に登場する道化師の名にちなむ、スターンの筆名。著者の死により、イタリアには到達せず終わった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

センチメンタルジャーニーの関連キーワードスターン(Laurence Sterne)センチメンタル・ジャーニーセンチメンタリズムSurvivalレス ブラウンドリス デイ湯川れい子富岡多恵子松本伊代北村太郎ドラッハ感傷旅行西部邁デー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

センチメンタルジャーニーの関連情報