センチメンタルジャーニー

デジタル大辞泉の解説

センチメンタル‐ジャーニー

《原題A Sentimental Journey through France and Italy, by Mr. Yorickスターンによる紀行小説。1768年に第1巻、第2巻を刊行。原題は「ヨリック氏による、フランス・イタリアへのセンチメンタルジャーニー」の意。「ヨリック」はシェークスピアの作品に登場する道化師の名にちなむ、スターンの筆名。著者の死により、イタリアには到達せず終わった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

センチメンタルジャーニーの関連情報