コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントヘレンズ山 セントヘレンズさんMount Saint Helens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントヘレンズ山
セントヘレンズさん
Mount Saint Helens

アメリカ合衆国ワシントン州南東部のカスケード山脈にある火山。標高 2549m。1980年に起こった北アメリカで過去最大級の大噴火で知られる。イギリスの航海士ジョージ・バンクーバーが命名。火山活動(→火山作用)は 1857年以降みられなかったが,1980年5月18日の朝にマグニチュード(M )5.1の地震が発生,それが引き金となり,北側の斜面で巨大な土砂崩れ(→山体崩壊)が起こった。北側斜面の崩壊により,内部に蓄積したマグマが噴出して大規模な火砕流が発生し,温度 350℃,時速 500kmの火山噴出物が山頂から約 25kmにわたり猛烈な勢いで流れ出した。一方,爆発と同時に火山ガス火山灰が混ざり合った噴煙が高さ 2万6000mまで噴き上がり,降灰は東方のモンタナ州中央部付近にまで達し,約 400km北東のスポーケンは暗闇に包まれた。火山円錐丘は完全に吹き飛ばされ,標高は 2950mから 2549mに減少し,馬蹄形の巨大な火口が出現した。この噴火は 57人の犠牲者を出し,数千頭の動物が死に,約 500km2にわたる森林が火砕流にのまれて焼失した。噴火は 1986年まで続き,火口には溶岩円頂丘が断続的に形成された。また地震活動は 1989~91年(小規模な爆発も含む),1995~98年にもみられた。1982年,山を取り囲む 445km2の地域がセントヘレンズ山国定火山記念物に指定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セントヘレンズ山の関連キーワードエステラ レオポルド世界の活火山

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android