コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セント・ポール大聖堂 セント・ポールだいせいどうSaint Paul's Cathedral

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セント・ポール大聖堂
セント・ポールだいせいどう
Saint Paul's Cathedral

ロンドンのラドゲイト・ヒルにある大聖堂。 1666年の大火で旧聖堂は焼失し,C.レンが再建案を作成。 75年の第3案に基づき着工。 1710年に完成。平面は 141m,31mのラテン十字形の長堂形式で,十字交差部は大ドームを支える広い円形空間となっている。 65mにもなる3重殻の大ドームは,8本のピアにより支えられ,ドーム内には推力による破壊を防ぐため「レンの鎖」がその基部に埋込まれている。その他の構造的工夫もレンの発明の才を示すとともに,近世の大聖堂建築のうちでもすぐれた構造を有するものとされている。西正面には中央に重層のコリント式オーダーの柱が並び,ペディメントを支え,その左右には大胆な意匠の塔が立てられている。ドームの着想は,D.ブラマンテテンピエットから得られ,古典主義的であるが,塔にはボロミーニ式の意匠でバロック的な影響を受け,その全体構成からして,イギリス・バロック建築の代表作とされる。この大聖堂は設計から完成までが1人の建築家によりなされた珍しい例でもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

セント・ポール大聖堂【セントポールだいせいどう】

ロンドンにある教会。現在の建物はC.レンの設計により,十字形プランを基本とし中央に大きなドームをもつ。1675年着工,1710年完成。地下聖堂にはネルソン,ウェリントンらの墓がある。
→関連項目ジョーンズダイアナロンドンロンドン大火

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セント・ポール大聖堂
せんとぽーるだいせいどう
Saint Paul's Cathedral

ロンドンの司教座聖堂。起源は604年ごろケント王国のエセルバート王によって建立された小聖堂にさかのぼるが、12~14世紀に新築された大規模なノルマン様式の建物は1666年のロンドン大火で完全に倒壊した。新聖堂の造営計画は当時の指導的建築家クリストファー・レンに委嘱され、1675~1710年にラテン十字形のプランによる現在の新古典主義様式の建築を完成した。
 聖堂建築としてはバチカンのサン・ピエトロ大聖堂に次ぎ世界第二の規模をもつ。正面にはコリント式の双柱群が上下2層に配列され、イタリア・バロック様式の流れをくむ双塔の間には柱廊が張り出して、その上にペジメント(三角形の切妻屋根)が架せられる。正面の2層をなしている双柱群の配列は、両側面にそのまま延長されるが、力強く突出した翼廊の先端部は半円形の柱廊で装われる。容量豊かなクーポラ(円蓋(えんがい))は、2層をなすドラム、半球体および頂塔からなり、地上からの高さは110メートルに及ぶ。また双塔のうちの右側の通称「時計塔」には、1881年に鋳造された重量17トンの釣鐘が組み込まれている。三廊式の堂内(173×38メートル)には、四囲にあけられた大窓およびクーポラから採光がなされ、身廊や翼廊を装う大理石彫刻や木彫が際だてられる。地下礼拝堂には、提督ネルソン、この聖堂の設計者レン、画家ファン・ダイク、科学者フレミングらの墓所が置かれている。[濱谷勝也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セント・ポール大聖堂の関連キーワードネルソン(Horatio Nelson Viscount Nelson)セビージャの大聖堂、アルカサルとインディアス古文書館レン(Sir Chrisopher Wren)フィリップス(Peter Philips)コレット(John Colet)ロンドンのセントポール大聖堂ポートランド(イギリス)フェデレーション広場アルフレッド デラーロンドン(イギリス)セントポール寺院セントポール市スティーブンズセビリア大聖堂サンクロフトバロック美術イギリス建築デ・ラ・メアセントポールオクタゴン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セント・ポール大聖堂の関連情報