コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セート セート Sète

4件 の用語解説(セートの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

セート(Sète)

フランス南部、ラングドックルシヨン地方、エロー県の港湾都市地中海リヨン湾に面し、潟湖であるトー湖に挟まれた砂州に位置する。17世紀にミディ運河の造営に合わせ、地中海側の出口として砂州の湿地帯を埋め立てて築かれた。石油化学工業機械工業、および漁業が盛ん。観光保養地としても知られる。詩人ポール=バレリーの生地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

セート【Sète】

フランス南部,地中海沿岸と後背地の潟との間にある港湾都市。人口4万2000(1990)。モンペリエの南西約30kmに位置する。17世紀以来,ミディ運河の出口に整備された港湾では,ブドウ酒や石油などの貿易が盛んで,マルセイユに次ぐフランス第2の地中海の港湾都市であり,漁港としては第1位を誇る。潟ではカキやムール貝の養殖も盛ん。化学,ブドウ酒,魚缶詰などの工業も発達。商船学校モンペリエ大学動物試験場所在地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セート
セート

セット」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セート
せーと
Ste

フランス南部、エロー県の都市。旧名セットCette(1927年まで使用)。人口3万9542(1999)。地中海岸のリヨン湾とラグーン(潟湖(せきこ))であるトー湖とに挟まれた砂州上に位置する。17世紀に建設されたセート運河が、海とミディ運河へ通じる潟湖とをつなぐ。マルセイユに次ぐフランス第二の地中海の港湾都市として発達し、石油精製、化学、電気機械、食品工業が盛ん。地中海岸有数の漁港でもあり、近年はレジャー地帯の中心地でもある。詩人ポール・バレリーの生誕地で、バレリー博物館があり、作品『海辺の墓地』で知られる墓地に彼の墓がある。[青木伸好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セートの関連キーワード地中海式農業モナコモンペリエ犬サフラン地中海気候ロケットサラダ阿爾及リンガフランカレランス諸島デュランス[川]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セートの関連情報