ゼロエミッション(読み)ぜろえみっしょん

  • Zero Emission

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

生産や廃棄、消費に伴って発生する破棄物をゼロにすることを目的とする運動国連大学最初提唱。日本でもダイオキシン問題が引き金となり、広く一般に注目されるようになった。生分解素材などを使用した環境に配慮したエコプロダクトなどは、その意図に沿った製品と言える。もはや全世界的な基準となりつつあるISOなどを中心に、各国環境基準は高まる一方で、企業には環境に配慮した積極的な取り組みが求められている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

廃棄物をゼロにする試み。国連大学が推進するプロジェクトベースにして,産業社会における廃棄物の完全再利用システムの実現を目指す。国連大学はビールの醸造かすを利用して魚類養殖や藻類栽培を行なう,「炭酸ガスや廃棄物を出さないビール醸造」などをテーマに取り上げ,1995年には初の世界会議を東京で開催した。日本でも 1997年,環境事業団がゼロエミッション企業団地の建設に着手したほか,通商産業省も環境調和型の地域システムの構築を目指したモデル事業エコタウンプランを創設した。これに合わせて川崎市北九州市などいくつかの自治体でゼロエミッション工業団地計画が進められているほか,ゼロエミッション工場づくりを検討中の大企業も目立ってきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版の解説

人間の社会活動や生産活動に伴い排出されてきた廃棄物をゼロにして,循環型社会を構築しようとする構想をいう.固形廃棄物,排水,排気,排熱などの有効利用を目的とし,20世紀の大量生産・大量消費社会から脱却して,資源循環型社会をめざすものである.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゼロエミッションの関連情報