コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼロエミッション ぜろえみっしょん

5件 の用語解説(ゼロエミッションの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ゼロエミッション

生産や廃棄、消費に伴って発生する破棄物をゼロにすることを目的とする運動。国連大学が最初に提唱。日本でもダイオキシン問題が引き金となり、広く一般に注目されるようになった。生分解素材などを使用した環境に配慮したエコプロダクトなどは、その意図に沿った製品と言える。もはや全世界的な基準となりつつあるISOなどを中心に、各国の環境基準は高まる一方で、企業には環境に配慮した積極的な取り組みが求められている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゼロ‐エミッション(zero emission)

廃棄物を出さない製造技術を開発する計画。ある企業・産業で排出される廃棄物を、別の企業・産業の原料として使うなどして、トータルで廃棄物をゼロにしようというもの。国連大学が1995年に提唱した。→ゼロ‐ウェイスト(zero waste)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

ゼロエミッション

企業や自治体などが廃棄物をゼロにするために、原料や燃料として再利用を図る活動をいう。資源循環型の社会システムを目指し、国連大学が提唱した考え方ビールや食品メーカーをはじめ、さまざまな企業で取り組まれている。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゼロエミッション【zero emission】

リサイクルを徹底することにより、最終的に廃棄物をゼロにしようとする考え方。異業種の連携により、ある産業では廃棄物となるものを、別の産業で原料として使い、廃棄物を社会全体で利用しつくそうとするもの。国連大学が提唱。 ZERI 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼロエミッション
ゼロエミッション
Zero Emission

廃棄物をゼロにする試み。国連大学が推進するプロジェクトベースにして,産業社会における廃棄物の完全再利用システムの実現を目指す。国連大学はビールの醸造かすを利用して魚類の養殖や藻類栽培を行なう,「炭酸ガスや廃棄物を出さないビール醸造」などをテーマに取り上げ,1995年には初の世界会議を東京で開催した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゼロエミッションの関連キーワード汚泥界雷産業廃棄物廃棄物の処理及び清掃に関する法律低レベル放射性廃棄物アスファルト固化放射性廃棄物処理施設製品事故廃棄物系バイオマスごみ処理

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゼロエミッションの関連情報