コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソウダガツオ

4件 の用語解説(ソウダガツオの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ソウダガツオ

 スズキ目サバ科の食用海産魚.ヒラソウダAuxis thazard],マルソウダ(round frigate mackerel, bullet mackerel)[A. rochei]などがある.35cmから40cmになる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ソウダガツオ

サバ科ソウダガツオ属の魚の総称。日本近海にはマルソウダガツオ(マンダラ,ウズラ)とヒラソウダガツオ(ソウダウズワ,シロス)の2種がいる。ソウダ,メジカ,マガツオなどとも。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ソウダガツオ

スズキ目サバ科ソウダガツオ属に属する海産魚の総称。日本近海にはマルソウダガツオAuxis rochei(イラスト)とヒラソウダガツオA.thazardイラスト)の2種がいる。両種とも全世界の温帯から熱帯域の水温12℃以上の水域に広く分布し,沿岸域だけではなく沖合域にも生息する。日本では北海道南部以南に分布する。両種は胸甲の形により区別され,ヒラソウダでは胸甲が両背びれの中央下で急に細長くなるのに対し,マルソウダは徐々に細くなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソウダガツオ
そうだがつお / 宗太鰹
frigate mackerel

硬骨魚綱スズキ目サバ科ソウダガツオ属の海水魚の総称。ヒラソウダAuxis thazardとマルソウダA. rocheiの2種がいる。マグロ族に属する小形種で、全長は普通35~40センチメートルであるが、60センチメートルに達するものもある。体形は紡錘形で断面はほぼ円形に近いが、ヒラソウダは多少側扁(そくへん)している。ヒラソウダでは鱗(うろこ)の分布する胸甲が第一背びれと第二背びれの中間下方で急に狭くなるのに対して、マルソウダでは徐々に細くなって側線の終わり近くまで延長している。背部の紋様もヒラソウダは斜走する暗色条、マルソウダは点または短い棒状斑(はん)を呈する。世界中の暖海域に分布し、20℃以上の水温帯で産卵する。稚魚が沿岸から沖合いまで高密度に出現することから、莫大(ばくだい)な資源量が予測され、未利用資源としても注目されている。大西洋には1種しかいないといわれている。日本近海では秋から冬に南部海域に集積し、その後春から夏にかけて北海道まで回遊し、その間におもに定置網で漁獲される。その量は年間3万トン程度に達する。血合肉が多いために鮮食されるよりも、削り節やフィッシュミール(魚粉)などに加工されることが多い。吻部(ふんぶ)が短く目が口先に近づいていることから「メジカ」ともよばれる。[沖山宗雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソウダガツオの関連キーワードハガツオブリマサバ胡麻鯖宗太鰹インドマグロキグチキハダマグロゴマサバシズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソウダガツオの関連情報