コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソトイワシ ソトイワシ Albula neoguinaica; sharpjaw bonefish

2件 の用語解説(ソトイワシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソトイワシ
ソトイワシ
Albula neoguinaica; sharpjaw bonefish

ソトイワシ目ソトイワシ科の海水魚。全長 1m。体はやや長く,ほとんど側扁しない。体の背部は淡黄色で,各鱗列に沿って暗色の縦帯がある。腹部は銀白色。大型で透明,リボン状のレプトケファルス型の幼生期を経る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソトイワシ
そといわし / 外鰯
bonefish
[学]Albula vulpes

硬骨魚綱カライワシ目ソトイワシ科に属する海水魚。世界の温帯から熱帯域の外洋に分布し、日本では本州中部以南に産する。全長1メートルに達し、体は円筒状。目は大きく、脂瞼(しけん)がある。下顎(かがく)は上顎より短いので、口は下面に開く。背部は淡黄色で、各鱗(りん)列に沿って暗色縦帯があり、腹部は銀白色を帯びる。透明で尾びれが二叉(さ)する葉形幼生期を経て成長する。食用となる。[浅野博利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソトイワシの関連キーワードカタクチイワシ潤目鰯片口鰯義須外鰯藤五郎鰯裸鰯唐鰯ソトイワシ(外鰯)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone